子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

千葉市のゲルマニウム半導体検出器(環境保健研究所)を見学しました

千葉市が給食や市場流通品の検査にゲルマニウム半導体検出器を導入しましたが、実際の運用を行っている環境保健研究所のご厚意によりしらベルのスタッフの皆さんと見学にうかがいました。

最初に三井所長より導入の経緯について説明をうけました。
千葉市の導入したキャンベラ製のゲルマニウム半導体検出器(1180万円)は東日本大震災復興予算補助金から1/2、市の負担1/2で購入したもので、試用期間を経て9月から実際の運用に入っています。

9-10月(2ヶ月間)の検体数は
学校給食 36、保育所 40、流通食品 50  合計126検体でこれまで基準を超えたものは出ていないとのことです。

内訳は 1週あたり 学校保育所の給食 ×6→12検体 + 流通食品5 →17検体×5日間稼働 で市民の要望としてはより多くの食品を測定していただきたいところですが、「下限値1Bq/kg」を確保するためには 一検体 3000秒から4000秒の測定時間が必要で現状では手一杯」との説明でした。 

その後、装置について簡単にレクチャーを受けた後、都竹課長の案内で実際に前処理や測定状況を見学させていただきました。

前処理室
SIMG3172.jpg SIMG3171.jpg
1週間分の給食(測定前に解凍)     粉砕した給食をマリネリに充填

・給食1週間分の検査の前処理 集められた検体を解凍し、フードプロセッサーで粉砕し均一にしその中から2リットルをマリネリ容器に入れる
・流通の物も含め1ベクレル以下まで測定するよう指示されている為、検体は2リットル必要(検査時間3000秒から4000秒) U8容器だと検体量は少なくてすむが測定時間は20000秒位必要(実際は1800秒位で1ベクレルまで検出できるが誤差を小さくしたいので3000秒計測しているそうです)

SIMG3170.jpg SIMG3176.jpg
汚染防止用ビニール袋に入れられた検体   補強鋼板床に設置されたゲルマニウム検出器

測定室
SIMG3180.jpgSIMG3177.jpg
厚さ100㎜の鉛遮蔽体 円筒形の突起が検出器 装置の下に置かれた液体窒素容器

測定室は建物の5階(バックグランドの影響が安定しているなど望ましい場所、耐震も確認)にありますが装置重量2トン(鉛遮蔽10センチ900キロ)のため鋼板床の上に設置され400㎏/㎡の荷重に耐えられるようになっています。

・温度管理など 空調は24時間 温度は20から25℃でNaIに比べると測定中の温度変化がなければあまり気にしなくともよい。むしろ湿度の影響が大きいので除湿機2台を稼働させている)
・窒素使用量は30リットル/週なので正月休みなどで無人(無補給)化しても対応可能。費用は500円/1リットル
・検出器の相対効率は22%(厚労省基準では15%以上)
・ゲルマニウムは経年劣化していくが10年以上は使用可能、年1回のメーカーの保守点検が必要(約50万円)

私たちも入室できたのは測定室の手前までで、私物は別室に預けスリッパをはきかえ使い捨て白衣に着替えてたように厳密に管理されているという印象でした。

装置の運用について
千葉市でも原木しいたけの生産農家の方が困っておられる状況などについてお話しましたが、衛生研究所でも当所は農政と連携した運用を考えていたそうですが、県の体制が農政と衛生部の縦割りで農政部は県内農産物、衛生部は主に県外産の流通品を担当しており、その流れで市も農政とは別に動いているとのことでした。
また装置1台しかないので検体数に限りがあり、給食の事前食材検査はそれぞれの担当が外部検査機関に委託しているようです。
装置の稼働を高めるには検査時間を短縮するのも一つの方法ですが「下限値を高くすることに理解を得るのは難しいだろう」というお話をうかがい考え込んでしまいました。

(長谷川弘美)

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/455-105be417
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。