子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

ETV特集 汚染地帯からの報告第2回 「ウクライナは訴える」

前回のNHK ETV特集 チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告「第1回 ベラルーシの苦悩」の放送についてお知らせしましたが、ご覧になっていただけたでしょうか。

9月16日放送の第1回はstudy2007氏によるtogetterまとめ 
NHK【ETV特集】チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告「第1回ベラルーシの苦悩」2012年9月16日メモ 
が参考になりました。

今週末に連続して2回目が放送されるようです。

ETV番組HPより

シリーズ チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告
「第2回 ウクライナは訴える」


2012年9月23日(日) 夜10時
2012年9月30日(日) 午前0時50分 再放送

去年4月、チェルノブイリ原発事故25周年の会議で、ウクライナ政府は、汚染地帯の住民に深刻な健康被害が生じていることを明らかにし世界に衝撃を与えた。
チェルノブイリ原発が立地するウクライナでは、強制避難区域の外側、年間被ばく線量が5ミリシーベルト以下とされる汚染地帯に、事故以来26年間、500万人ともいわれる人々が住み続けている。
公表された「Safety for the future未来のための安全」と題されたウクライナ政府報告書には、そうした汚染地帯でこれまで国際機関が放射線の影響を認めてこなかった心臓疾患や膠(こう)原病など、さまざまな病気が多発していると書かれている。
特に心筋梗塞や狭心症など心臓や血管の病気が増加していると指摘。子供たちの健康悪化も深刻で2008年のデータでは事故後に生まれた子供たちの78%が慢性疾患を持っていたという。報告書は事故以来蓄積された住民のデータをもとに、汚染地帯での健康悪化が放射線の影響だと主張、国際社会に支援を求めている。


<参考資料>
チェルノブイリ事故後25年:未来へ向けての安全(英語)-ウクライナ政府緊急事態省報告-Twenty-five Years after Chornobyl Accident: Safety for the Future

「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク翻訳資料
ウクライナ政府(緊急事態省)報告書 『チェルノブイリ事故から25年 “Safety for the Future”』より(2011年4月20-22日、チェルノブイリ25周年国際科学会議資料)
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/432-f64af3cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。