子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

しらべル連続学習会のおしらせ

ちば市民測定室しらベルでは8月に福島市民測定所や梨農家の阿部農園を訪問しましたが、福島の「今」を知るための連続学習会を開催します。

第1回 「福島避難区域でのボランティア活動」
日時: 9月27日(木)午後2時から4時
場所: ちば市民測定室しらベル
講師: 布留川修さん


しらベルの測定ボランティアでもある布留川さんに、放射能について、また福島原発行動隊との関わりなどお話をしていただきます。

自己紹介)私が小学2年生のとき、手塚治虫のまんが「鉄腕アトム」が始まり、夢中で読んで、原子力への夢をふくらませました。大人になってからは主に原子力関連の仕事を公的組織、民間企業でしました。数年前に退職し、今は家で特許や科学技術の翻訳をしています。3.11の原発事故にはショックを受け、何か現地の人のお役に立つことを、と思って除染などのボランティアに参加しました。しかし何をすれば本当に福島の人に役立つのか、確信はありません。


第2回 「SWRの放射線測定活動について」

日時: 10月13日(土)午後2時から4時
場所: ちば市民測定室しらベル

講師: SWR(株)技術部長 山口俊英さん

福島原発事故以降、高性能な放射線量計RT-30を使用し、千葉大学環境リモートセンシングの近藤昭彦教授との福島現地の汚染調査や、千葉県内の放射線測定を数多く行なうほか、市民団体との連携にも取り組んでおり、ボランティアでの測定活動の実施、またしらベルの創立にあたって多大な協力をいただきました。
この9月10日にはJR市川駅近くに独自での放射能測定室もオープンしています。これらのSWRの放射線測定活動についてSWR株式会社の山口さんよりお話を伺います。

SWRMap.jpg

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/431-2f24d7f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。