子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

中央区高砂公園で土壌採取を行いました

以前から住民の方から要請があり調査予定としていましたが、実施が遅れていた中央区高砂公園の土壌採取を行いました。天候が不安定で中断した他2公園も近日中に調査を行う予定です。
それ以外でリクエストが多いのは「青葉の森」ですが、非公式に打診した結果では「青葉の森」を管理する千葉県は「地形が変わる」などといった意味不明な理由で土壌採取を拒んでいます。県への働きかけは何らかの方法を考えますが、当面代替えとして近隣の公園、市民の森などで調査を行う予定です。

高砂公園は中央区汐見丘の住宅地にある中規模の公園です。
空間線量は全域で0.06~0.07程度で1m、地表の線量はほぼ同じ数値です。一部コンクリートと砂地の境界、ブランコ下の人工芝マットの地表部で0.12μSv/h程度の箇所が確認されました。
土壌は遊具脇(0~5cm)の通常の採取の他、砂場の砂も採取して参考に土壌放射能濃度を測定する予定です。

AIMG3019.jpgAIMG3008.jpg
   公園の全景            公園遊具脇1m 0.06μSv/h

AIMG3011.jpgAIMG3012.jpg
公園砂場 地表0.06μSv/h        砂場の砂を採取

土壌採取箇所など2012年3月以降の空間線量

より大きな地図で 土壌採取箇所など2012年3月以降の空間線量 を表示
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/423-4e6814d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。