子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

花見川区の檜(ひのき)の葉は300Bq/kg

24年度(今年4月~5月)の調査結果は千葉市HPにありました。
千葉市HP 植物系ごみ(刈草等)の放射性物質測定結果について

ただし23年度分の測定結果については引き続き公開を求めていく予定です。

ご自宅の土壌調査に協力していただいた、緑区、花見川区の2軒から庭の植木の葉を提供していただき放射能濃度を測定しました。
木の葉の放射能濃度(Bq/kg)
品目 採取地 Cs137 Cs134 Cs合計
児の手柏(葉) 緑区おゆみ野南 71 54 125
なんてん(葉) 緑区おゆみ野南 N.D N.D N.D
ひのき(葉) 花見川区花園町 174 133 307

上記の数値は採取した木の葉を植木バサミで細断し1L マリネリ容器に詰めEMF211γ線スペクトロメーターで30分測定した結果によるもので、300Bq/kgのヒノキにシンチレーション線量計やガイガーカウンターを近づけてもバックグラウンド線量とまったく区別がつきません。

児手柏(コノテガシワ)はセンジュとも呼ばれる中国原産のヒノキ科の常緑針葉樹で、家庭の生垣や公園樹木として利用されているありふれた植木です。
今回葉採取した庭の土壌放射能濃度は73Bq/kg(緑区)、630Bq/kg(花見川区)と9倍の差がありますが、木の葉については3倍弱の差しかありません。
左が児手柏、右の葉ですが、形状は非常に似ています。松葉の様な樹脂はありませんが形状的に付着物が滞留しやすい=落ちにくいのではないかと思われます。
konotegasiwa25.jpg Chamaecyparis_obtusa2.jpg
    児手柏の葉          ひのきの葉

サンプルが2点しかないので推測の域をでませんが、
児手柏と同時に採取したなんてんの葉は同じ常緑樹でも「不検出」となっていることから、児手柏、ヒノキで検出された放射性セシウムは昨年3月の直接の降下物か、風による地表の降下物の再飛散によるもので、土壌から吸い上げた可能性は低いと考えています。
こうした木の葉、剪定枝は「燃えるゴミ」として焼却処分されているのは周知の通りですが、東葛地域のような高濃度でないにしても大量に集積したものを焼却すれば、焼却(飛)灰の放射能濃度は格段に高くなります。

実は千葉市都市局公園管理課では公園などの剪定枝の放射能濃度測定(ゲルマニウム半導体検出器)を行なったと聞いていますが、結果はHPなどで公開されていません。
まもる会では情報の公開(開示)を求めていますので、結果がわかればあらためてお知らせします。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/403-37de2c41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。