子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

宮野木中央公園の再測定

宮野木中央公園の林床と歩道(舗装)の境にセシウムが雨水で濃縮した最大0.6μSv/hをしめす高い空間線量の場所があることは以前のブログの記事でお知らせしました。
その後採取した土壌を測定し放射能濃度が6,870Bq/kgであることがわかりました。

まもる会ではこうした情報を公開するとともに調査結果を添えて千葉市関係部局や議会に要望書や陳情書の提出などをこの間行って来ました。

宮野木中央公園については公園管理課より「対処した」という連絡があったので5月28日に現地の状態をを確認しました。

SIMG2430.jpg
写真でマークした地点が以前の調査で高濃度汚染土壌を採取した場所です。


宮野木中央公園詳細線量マップ(2月28日測定)
矢印の方向から上の写真を撮影しました。

より大きな地図で 宮野木中央公園(地表)放射線マップ を表示

今回確認した状況ですが
新たに排水溝が3箇所新設され、汚染土壌(表土)が撤去、土が入れ替えられていました。
それに伴い空間線量は
地表部  0.06~0.07μSv/h
1m      0.09~0.11μSv/h


と大幅に低下していました。(1m空間線量は周囲40~80m程度の影響を受けるため、地表より線量が高くなっていると思われます)

SIMG2436.jpgSIMG2435.jpg
新設された排水溝           地表部 0.059μSv/h

千葉市(環境局)の公式見解は、従来通り「周囲と1マイクロ以上差がなければ除染しない」なので今回の場合もあくまでも場内整備工事という見解だと思います。
実際にこの場所は水はけが悪く舗装(歩道)の上に流れ出した泥土を除去し積み重ねる作業を繰り返したことがセシウムが濃縮した原因です。(草地の土壌放射能濃度840Bq/kgから地表のセシウムが雨水で移動しやすい裸地で10倍程度の濃縮が起きたものと考えられます)

私たちは「原因」と「結果」(汚染土壌)が取り除かれれば言葉にはこだわりません。今後も子どもたち活動する環境から少しでも放射能を減らしていくために行政への働きかけなど継続していくつもりです。


市内5公園の土壌放射能濃度(その2)
宮野木中央公園の詳細調査
稲毛区4公園で土壌採取とガイガーミーティングを行いました(1)
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/369-fc1abb0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。