子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

市内3公園の土壌調査結果

先日の記事で紹介した花見川区の2公園(大日公園、犢橋公園)と、5月13日に採取したこじま公園(美浜区)の土壌放射能濃度の結果について公開します。

(1)花見川区
大日公園(花見川区大日町)
単位は[Bq/kg] 平米換算は[Bq/m2
ヨウ素131セシウム137セシウム134セシウム合計平米換算値
N.D7605541,31485,410

採取時の1m空間線量 0.16μSv/h


犢橋公園(花見川区三角町)
単位は[Bq/kg] 平米換算は[Bq/m2
ヨウ素131セシウム137セシウム134セシウム合計平米換算値
N.D49039388357,395

採取時の1m空間線量 0.11μSv/h


(2)美浜区
こじま公園(美浜区高洲)
単位は[Bq/kg] 平米換算は[Bq/m2
ヨウ素131セシウム137セシウム134セシウム合計平米換算値
N.D17612430019,500

採取時の1m空間線量 0.08μSv/h

話が前後してしまいますが、こじま公園での採取(測定)状況は以下の通りです。
SIMG2351.jpg SIMG2353.jpg
1m空間線量 0.08μSv/h 1cm 0.10μSv/h 測定、採取は草地中心


過去の結果も含めた一覧は 土壌調査結果一覧(GoogleDoc) を御覧ください。(今回シートは配列を若干変更しましたのでご了解下さい)

上記のデーターは 土壌採取予定及び調査結果(GoogleMap) に追加しました。また今回若葉区市民の森、花見川区千本桜緑地を調査予定地に追加しました


(3)こてはし調整池周辺の腐植土について

前回周辺の桜の木の根本から採取した腐植土は安全を優先して採取量は300ml程度とし、検体としての密度も小さいため精度的に難があり参考として御覧下さい。(実質3万ベクレル/kgぐらいではないかと推定しています)測定にあたっては装置の汚染を防止するために3重のポリエチレン袋で密閉しました。

kotehashi.jpg

原因は側溝などに堆積した汚染された落葉を1箇所に集積したため濃縮が進んだものと推定しています。
従って線量計で家庭の雨樋下1μSv/hを表示する場所は同程度の放射能濃度と考えて良いかもしれません。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/360-9dee120e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。