子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

市内5公園の土壌放射能濃度(その2)

前回に引き続き土壌採取済みで未計測だった幕張台公園(花見川区)、穴川中央公園(稲毛区)、幕張西第2公園公園、打瀬第1公園(美浜区)についてデーターを公開します。

過去のデーターも含めた一覧、マップについては
「土壌測定まとめページを参照して下さい。

穴川中央公園(稲毛区)
単位は[Bq/kg] 平米換算は[Bq/m2
ヨウ素131セシウム137セシウム134セシウム合計平米換算値
N.D17714231920,475

採取時の1m空間線量 0.08μSv/h

幕張西第2公園(美浜区)
単位は[Bq/kg] 平米換算は[Bq/m2]
ヨウ素131セシウム137セシウム134セシウム合計平米換算値
N.D16813730519,825

採取時の1m空間線量 0.12μSv/h

打瀬第一公園(美浜区)
単位は[Bq/kg] 平米換算は[Bq/m2]
ヨウ素131セシウム137セシウム134セシウム合計平米換算値
N.D987617411,310

採取時の1m空間線量 0.09μSv/h

幕張台公園
(花見川区)
単位は[Bq/kg] 平米換算は[Bq/m2]
ヨウ素131セシウム137セシウム134セシウム合計平米換算値
N.D1208120113,065

採取時の1m空間線量 0.10μSv/h


EMF_soil_rad2.jpg

これまでの1m空間線量とEMF211(定量ソフトVersion2.0)で測定した土壌放射能濃度データーをグラフにしてみました。(横軸が空間線量μSv/h 縦軸が土壌放射能濃度Bq/kgになります。)
ゲルマでの結果と同様バラつきが大きいのですが、A2700(MrGamma)と同様なシンチレーション線量計の値で土壌放射能濃度の大まかな目安の得られるのではないかと思います。


これらと別に宮野木中央公園の土壌採取中に発見された歩道脇の高濃度の土壌(泥土)について別途に測定を行いました。(詳しい状況は過去記事を参照して下さい)
この泥土は人工的に濃縮を繰り返したもので、本来の放射性降下物の分布を調査するという目的とは異なりますので別扱いとします。(降雨=含水率の変化によって単位重量あたりのベクレル量は5000~6870まで採取場所によって変化しています。)
ただし、高濃度土壌については引き続き公園管理課に対処を求めて行く予定です。

宮野木中央公園(歩道脇泥土)(稲毛区)
 単位は[Bq/kg] 平米換算は[Bq/m2]
ヨウ素131セシウム137セシウム134セシウム合計平米換算値
N.D395329176870-

採取時の1cm空間線量 0.62μSv/h

関連記事
市内7公園の土壌放射能濃度を「しらベル」で調べました
土壌調査結果(4)稲毛区、美浜区、緑区の公園5ヶ所
花見川区内の公園で空間線量測定と土壌採取をおこないました
稲毛区4公園で土壌採取とガイガーミーティングを行いました(1)
緑区で土壌採取を行いました
美浜区で土壌採取を行いました

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/336-b2c846d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。