子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

ちば市民測定室「しらベル」のオープニングセレモニー

お伝えしたように本日(4月1日)ちば市民測定室「しらベル」のオープニングセレモニーが開催されました。狭い事務所内に50名以上の方にご参加いただいたほか、NHK,千葉テレビの取材や毎日新聞の電話取材などもあり大変な混雑で、多くの方に「立ち見」で参加していただいた点についてはお詫びします。(当日の様子はNHK6時のニュースで放送されました)

熊谷千葉市長、福武弁護士、菅野弁護士、錦織弁護士、「ご近所」でもあるQiball科学館の大高館長から祝辞をいただいたほか、まもる会の勉強会の講師をお願いした地元農家の小川さん、「ママの集い」の後閑さんからも「しらべル」への期待などについてアッピールしていただきました。

SIMG2067.jpgSIMG2072.jpg
熊谷市長挨拶           福武弁護士挨拶

SIMG2082.jpgSIMG2078.jpg
Qiball科学館大高館長あいさつ    佐藤努さんの唄

福島県楢葉町で第1原発から17Kmの位置にご自宅がある佐藤さんのお話と故郷を思う唄には参加者一同心を揺さぶられました。
会場外では佐藤さんのCDや三陸町の缶詰の販売も行われ、通りかかった人も足を止める賑わいでした。

スタッフより装置、測定依頼方法の説明の後、千葉県産原木椎茸、三陸産わかめ、銚子産鯵などの測定デモンストレーションが行われ、無線LAN経由で会場に設置されたモニターに映し出される測定状況を最後まで熱心にご覧になっていただきました。

SIMG2083.jpg CIMG2038.jpg

モニター画面での測定状況を見ながらスタッフの説明を受ける参加者の皆さん

「不検出」となったわかめと鯵は各自持ち帰りサラダとさつまあげに料理して美味しくいただきました。
SIMG2086.jpg

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/332-82dfa2a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。