子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

空間線量と土壌放射能濃度

まもる会の会員で「福島の米」についてレポートを送っていただいた方から
農水省が公開した 「農地土壌の放射性物質濃度分布図」の作成について
メールで教えていただきました。

農地土壌の放射性物質濃度分布図等のデータについて(データー一覧)

農地土壌放射性物質濃度調査地点図(PDF:1,028KB)(全体マップ)

福島県「中通り」の汚染については言を待ちませんが、その方も驚かれていたようですが、栃木県北部(那須塩原)の汚染度には刮目させられます。

betu3.jpg

地域別の測定ポイント毎の数値も公開されています。
農地土壌中の放射性セシウムの分析値 千葉県


下図は千葉県のデーターから千葉市近郊の部位を抜き出したものですが、東葛以外では市川、八千代、佐倉の水田の400~600Bq/kgという値が目立ちます。
まもる会では南房州海岸線の空間線量を測定してきましたが、いすみ、御宿を除いておおむね100Bq/kg以下となっているようです。
chiba_prf_cs.jpg

更に興味深いのは農水省が推奨する空間線量から土壌放射能濃度を推定する簡易換算式が公開されたことです。元々深耕する農地の場合は文科省の「表土5cm→65倍換算」にあてはまらないので(表土-15cm採取)直接市街地での評価に利用できませんが、私たちの調査での
「草地は土中のセシウムが移動しにくく空間線量、土壌放射能濃度とも高い傾向」
「砂地は他より線量、土壌濃度とも低い傾向」などの経験的な知見から納得できるもので、係数の重み付けについては大いに参考になります。

農地土壌の放射性セシウム濃度の簡易算定法
キャプチャ

以下のグラフはまもる会で行った土壌採取時の1m空間線量とゲルマニウム半導体検出器による土壌放射能濃度を比較したもので元のデーターは「土壌調査結果一覧」から抜粋したものです。
Soil_Air.jpg
都市公園の場合、農地に比べると利用形態の違いははるかに小さいのですが、それでも砂地、植栽、芝地などの状態によって係数が異なることが推定されます。上のグラフを見ると一応一次の相関関係は認められますがバラつきが大きいのは、そうした理由によるのかもしれません。

関連記事

花見川区の土壌データー
千葉県土壌調査マップをつくりました
千葉県土壌マップの追加の説明
福島西部、山形の土壌放射能マップと空間線量の関係など

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/331-15b09612
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。