子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

花見川区内の公園で空間線量測定と土壌採取をおこないました

当面まもる会の活動も4月1日のちば市民測定室「しらベル」の開設に向かっての活動がメインになりますが、本来の地域での線量測定や土壌調査も引き続き行なっています。
3月16日に地元の市民ネット花見川の皆さんと合同で花見川区内の公園の測定と土壌採取を行いましたが、今後も空間線量の定点観測を続けていく予定です。

SIMG2013.jpgSIMG2011.jpg
神場公園遊具前          幕張公園(ロケット公園)周辺

空間線量測定とあわせて神場公園、幕張台公園で土壌の採取も行いました。お伝えしたように市民測定室の体制が整えば今後は採取後1週間程度で結果をご報告できると思います。

SIMG2006.jpgSIMG2008.jpg
幕張台公園で土壌を採取

空間線量の測定は従来のA2700 (MrGamma)とRadi PA-1000とを併用して比較データーを取りました。
1m線量は概ね0.1μSv/h以下(A2700) ですが、裸地と草地、中央と周辺の側溝部などで数値が大きく異なる傾向が確認されました。(最大は幕張(ロケット)公園の地表0.36μSv/h(A2700,Radiとも同じ)

RadiはMrGammaに対して0.02~0.03高めの測定値を表示するようですが、これについては他の記事でも触れていますが、さらに現場で調査して結果を公開していく予定です。
空間線量の時間推移については従来のマップの他にわかりやすく表現できる方法を考えていますのでお待ち下さい。

      数値の単位は[μSv/h]
場所   状態 測定機種 100cm 1cm
幕張台公園 中央  草地 MrGamma 0.10 0.16
      RadiPA-1000   0.12 0.20
    MrGamma 0.05 0.04
      RadiPA-1000   0.07 0.07
  斜面 草地 MrGamma        0.07
      RadiPA-1000          0.10
幕張公園 中央 草地 MrGamma 0.08 0.10
      RadiPA-1000   0.10 0.13
  遊具場 砂地 MrGamma 0.07 0.07
      RadiPA-1000   0.08 0.08
  植栽 MrGamma        0.09
      RadiPA-1000          0.09
  側溝 MrGamma        0.36
      RadiPA-1000          0.36
神場公園 中央 草地 MrGamma 0.11 0.12
      RadiPA-1000   0.13 0.16
  アスレチック 草地 MrGamma 0.10 0.13
      RadiPA-1000   0.13 0.15
  高台中央 小砂利 MrGamma 0.06 0.06
      RadiPA-1000   0.09 0.09
桜公園 中央 草地 MrGamma 0.10 0.11
      RadiPA-1000   0.11 0.14
  砂地 MrGamma 0.10 0.07
      RadiPA-1000   0.13 0.10
    焚火跡 MrGamma        0.20
      RadiPA-1000          0.25





関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/322-c9ed1e7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。