子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

宮野木中央公園の詳細調査

2月27日の土壌調査の際に地表部で高い線量が確認された歩道脇の植栽(境界部)についてポイント数を増やして詳細なデーターを取りました。右上の水色のマーカーが千葉市が空間線量を測定した箇所で、まもる会でも27日時点の1m空間線量を確認し周辺から土壌を採取しました。


より大きな地図で 宮野木中央公園(地表)放射線マップ を表示

水色のマーカーは0.3μSv/h未満 赤は0.3以上0.4μSv/h未満 黄色は0.4μSv/h以上を示します。(いずれも地表1cmの線量)

前回の記事では細かく触れられませんでしたが、千葉市公園課の作業者の方、周囲にいた子ども達の話を総合すると、この付近は水はけが悪くいつも泥が堆積して歩道分に流れだしてくるので、そのたびにスコップなどで取り除き清掃していた場所の様です。
降雨で放射性セシウムを含んだ表土が削られ水はけの悪い歩道部分で濃縮、その泥を除去して積み上げた為に更に濃縮したものと思われます。(前日に採取した土壌は本来の調査と別に外部機関での分析を依頼する予定ですが、簡易的な換算方法では約5000ベクレル/㎏程度と推定しています)

舗装部分との境界の奥にそうした土(泥)を積み上げた盛土があり、盛土付近では0.6μSv/h(地表1cm)と部位も確認されました(上のマップで青線で囲んだ部分が盛土)
測定時に周囲にいた子ども達には
盛土付近には近づかないこと
家に帰る前に靴底をよく洗うように説明しました。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/305-59ef7043
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。