子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

第8回勉強会を開催しました

追記:当日参加された会員の方から山口さんの説明にあったプロジェクトや元資料のURLについて教えて頂きましたので文末に追加しました。


本日(2月14日)の勉強会は、この間まもる会や習志野ママの集いの測定、市民測定室の開設にあたってご協力いただいているSWR(株)の山口さん、橋爪さん、ナレッジシェアの徳永さんをお迎えして福島における放射線量調査や除染の実情についてお話をうかがいました。

SIMG1807.jpg

まず山口さんからSWR株式会社の本業(非破壊検査機器の開発)と放射線測定に取り組むことになったきっかけ、昨年7,8月の福島県、飯舘村、川内村での空間放射線測定活動、本宮市の小学校での除染活動、地元市川での調査活動についてパワーポイントのデーターを使いながら説明していただきました。

現在除染実験の評価作業が行われていますがNHK「クローズアップ現代」のスタッフページで紹介されています。 山口さんたちの計測チームが協力し、東工大が福島の小学校で行った除染実験の様子が明日(2月15日)19:30からのNHK「クローズアップ現代」で放送されるそうなので、興味を持たれた方は是非ご覧下さい。
http://www.nhk.or.jp/gendai-blog/100/109119.html
(放送は完了しました。未見の方はtoggeterのまとめをどうぞ)


お話のあと質疑応答の時間を設けましたが、ご自分で簡易線量計で測定している方もおられて、精度や使用方法、ご自分で見つけられたマイクロスポットの対処方法など沢山の質問がありました。

<関連URL>
森林の汚染の報告
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/distribution_map_around_FukushimaNPP/0002/5600_091412.pdf

水の汚染について
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/distribution_map_around_FukushimaNPP/0002/5600_102001.pdf

プロジェクトのHPはこちら
http://fmwse.suiri.tsukuba.ac.jp/

森林を調べた筑波大の恩田先生のHPによると国内の放射能測定機関に標準試料を配布するそうです。
http://www.ies.life.tsukuba.ac.jp/~geodiagnostics/onda/index.html
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/294-cdca4ae0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。