子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

「毎日平和で くらしたい」

福島市の果樹(梨)農家である阿部農園の阿部一子さんは「まもる会in千葉」代表長谷川弘美の古い友人です。
SMG_6821.jpgSMG_6822.jpg  
左写真(左側)が阿部さん、昨年4月事故直後に阿部農園を訪れた時の梨畑にて

ちば環境情報センターのニュースレターに阿部さんの記事が掲載されていましたので、転載をお願いして快諾していただきました。Webに掲載するにあたって図版などの一部省略しましたので、オリジナルをご覧になりたい方はちば環境情報センターにお問い合わせ下さい。(以下引用です)



毎日平和で くらしたい  福島市 阿部 一子

悶々と過ごした2011年に、一区切りつけて、新たな気持ちで2012年を迎えました。1年という「区切り」を作った遥か昔の祖先に心から感謝したいと思いました。
思いも寄らぬ出来事は突然やってくるものなのですね。3月11日の大きな地震には本当にびっくりしました。でもその後の東京電力福島第1原子力発電所の相次ぐ爆発にはもっとびっくりしました。安全神話に洗脳されていたので、まさか本当に爆発するなんて思ってもいませんでしたし、想像すらしていませんでした。全てが初めてのことで、放射能とどう向き合えばいいのかも分からず、日々大きくなっていく梨の実はどうなるのか、不安ばかりが大きくなって行きました


abesan1.jpg
梨の木の皮を削る私。防塵マスクにゴーグル,帽子をかぶって
カッパを着て、手は綿の手袋の上にゴム手袋をはめている。
 (2012年1月29日)
1月29日の空中線量はO.5マイクロシーベルト、削る前の梨の木は28,300ベクレル
削った後は8,000ベクレルだった。

収穫の頃になると、梨畑は、1~5センチメートルの表土に放射性セシウムが溜まっているので、梨の実に影響はないだろうと言われましたが、収穫した梨からは放射性セシウムが1kg当り10~13ベクレル検出されました。日本の暫定基準値が500ベクレルですから、それからするとはるかに低い数値です。
いくら低いとは言え、ゼロではありません。安心して召し上がって下さいと言い切ることのできない梨を、送り出していいものか悩みました。悩んでも結論は出ず、それなら、その判断は食べてくださる方にお任せしようと、検出された数値を示し、これでもよろしければ注文して下さいと書いて、海年梨を注文して下さる方、友人、知人にお便りを出しました。

25年前、チェルノブイリの原発事故の後、子どもが小さかったので、欧州産のものは、全て拒否した身ですから、梨の注文は来なくて当り前と思うことにしました。ところが… 届いたのです。福島を,
応援したいと思っている人の手に「農園だより」が手渡されて行き、沢山の人から梨の注文と共に応援メッセージをいただきました。今年は、ありがとうのお返しとして、応援してくださった皆様に甘えることのないように、皆様の体を放射線で傷つけることのないように、放射能ゼロの梨をめざします。


1月16日、JA新ふくしまで、果樹農家を対象にした除染の説明会がありました。農業者の空間被爆を防ぎ、果実に放射性セシウムが検出されないように、梨の粗皮削りをして。その後、高圧洗浄機で洗い流すということでした。いつもは1月中にせん定を終え3月までかかって梨の枝を棚に結わえる仕事をしています。1本の木の粗皮削りに、どれ位の時間がかかるのかやってみました。1本に2時間。400本の梨の木を夫と2入で粗皮削りするとして、いくらがんばっても1日に10本。終わるまで40日。「君の行く道は果てしなく遠い」ですね。JAの目標は3月末までに全ての作業を終了すること。いつもの仕事に加えての除染作業。今、やるべきことに向かって精一杯前に進もうと思ってはいますが、体が悲鳴をあげそうです。梨の木は除染されますが、皮を削っている人間のヒバクは、大丈夫なのでしょうか。不安をかかえながら、粗皮削りが始まりました。


※阿部一子さんは福島でおつれあいと二人で毎年手塩にかけた梨を育てています。以上は宮城県仙台市の河北新報1月28日付「座標」に掲載されてものに一部書き加えたものです。原稿と共にお便りが寄せられたのでご紹介します。

「寒い朝です。今日は午後からフジテレビのディレクターの人が畑を見に来るそうです。1月21日の小出裕章さんの講演会で出会いました。夜の交流会で再び出会い直しをして・・・・こんな汚染地域で除染して、どんな意味があるのかと問いかけられ、何も反応ができず言葉につまってしまいました。何故この地でがんばるのか、畑に立って考えます。」


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/290-c3021ab4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。