子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

3月3日(土)澤井正子さん(原子力資料情報室)講演会を開催します

以前お知らせした澤井正子さん(原子力資料情報室)の講演会の日程が決まりましたのでお知らせします。ぜひご参加下さい。

福島原発事故から1年 澤井正子さん講演会

fukusimaNPP


Masako SAWAI澤井 正子さん 1953年東京生まれ、中央大学経済学部卒業。チェルノブイリ原発事故後、故高木仁三郎さんが主宰した「反原発出前お店」の活動に参加し、各地の原子力発電所や青森県六ヶ所村を訪れる。1992年から原子力資料情報室スタッフとなり、再処理、廃棄物問題を担当。


原子力資料情報室」は原子力に依存しない社会の実現をめざしてつくられた非営利の調査研究機関。産業界とは独立した立場から、原子力に関する各種資料の収集や調査研究などを行ない、それらを市民活動に役立つように提供しています。

日時  3月3日(土) 14:00~16:00(13:30開場)
場所  花見川区保健福祉センター(花見川区役所隣り)
資料代 300円
主催  子どもを放射能からまもる会in千葉(代表 長谷川弘美)
共催  瑞穂の杜のまちづくり懇談会(代表 仲佐秀雄)

事前予約は不要ですが、その他お問い合わせは当ブログメールフォームからお願いします。

会場案内
保健福祉センター

新検見川駅からバス
  ・花見川区役所行 1308分・28分・48分 
  ・草野車庫行 131555
  (花見川区役所入口下車)


関連記事

Comment

参加者から
今後もわかりやすい講演会をお願いします。





Re: 参加者から
> 今後もわかりやすい講演会をお願いします。
ありがとうございます。
講師の方をお招きして秋ごろにもなにか企画を実現したいと思います。
今後ともよろしくおねがいします。
2012.03.06 20:21 | URL | プロチル311 #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/280-56449a86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。