子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

マンガ 放射線の正しい測り方」の第2弾「食品編」とLB200用Excelマクロ

以前の記事で紹介した「マンガ 放射線の正しい測り方」の第2弾「食品編」が公開されています。
今度は私たちも訪問した柏のベクミルを舞台に、高エネ研の野尻さんとゲストが登場という、ある意味前回よりマニアックな作りになっています。

Rad_manga.jpg

多くの市民測定室や個人の方が使用されているLB200については別記事でまとめたことがありますが
LB200の測定値からK40(カリウム40)の影響を減算し、記事でも紹介している(当会のTwitterでフォロしている)三重大学 奥村先生の
Cs-137校正のベクレルメータの補正
(LB200のように核種ごとにベクレル量を計測できない装置ではCs-134はCs137より2.4~2.7倍計数率が高い=多くカウントされますが、半減期が2年と短いため影響度を逐次補正しなくてはなりません。)
こうした補正については手計算では大変なので色々な方がアイデアを出していますがExcelのVBマクロで補正プログラムを作成された方から情報提供がありましたので紹介します。

LB200用のExcel-VBAマクロ


フリーソフトなので使用に関しては自己責任ですが、個人・団体・営利・非営利問わず、無償で使用させていただけるようです。当方では動作確認が出来ませんが興味のある方は作者の方に感想なり要望なり伝えていただければと思います。


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/277-df065bcd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。