子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

横戸緑地の調査を行いました

横戸台の調査結果については11月9日の記事で触れましたが10月31日、11月7日にわたって地域内の公園、横戸市民の森などを中心に行いました。その後住民の方から「横戸緑地公園のほうが利用者(通行者)が多いので詳細な調査を」というリクエストがありましたので11月24日に追加の調査を行いました。


より大きな地図で 横戸緑地放射線測定 を表示

「家」のマーカーは展望台、あづまやを表します。横戸緑地は「奥が深い」公園で、これと言った目印がなく、樹木も多いためかGPSの精度が悪くマーカーの位置については参考としてご覧下さい。



1m空間線量の平均が0.14μSv/hですが局所的に0.24(地表部は0.42)というホットスポット的な部位がありました。
線量の高いのは直径数メートルの範囲で歩道から離れた場所なので通りすぎる程度なら影響は少ないこと、現在、会のスタッフが房州(大網白里、養老渓谷)の調査で線量計を使用していますので、戻り次第住民の方にも参加していただき場所の特定をしたいと思っています。

SCIMG1335.jpg SCIMG1333.jpg

緑地は花見川に向かって緩やかに傾斜していますが、花見川よりの低地はそれほど線量が高いわけでなく、線量が局所的に高いのは「林床」の中央にあたる場所です。(一旦土の上に落ちた放射性降下物はアスファルトなどと違って雨水だけでは簡単に動かないのかもしれません。)
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/230-aa2e7b0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。