子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

こてはし台調整池の再測定をおこないました(その1)

11月12日から13日にかけて花見川区こてはし台調整池の放射線測定を行いました。
こてはし台調整池は土木部(下水道)の管理ですがビオトープとして小学生の授業や近隣住民の公園としても利用されていて、12日もお孫さんを連れたお年寄りが散歩されていました。
SKC430027.jpg

こてはし台調整池については「まもる会」で7月28日に測定し木道上の1m線量で0.3μSv/hが検出され、千葉市に対して詳細な放射線測定の実施を求めてきました。今回陳情が採択され千葉市の測定が10月12日に行われましたが以前として1m-0.26、50cm-0.49μSv/hなど比較的高い数値が確認されています。

千葉市こてはし台結果

前回の結果や千葉市とのデーターの比較のためにこてはし台調整池の再測定を行いましたが、1m高さの空間線量が0.9~1μSv/h(1cmではありません)を超える箇所があったため急遽測定ポイントを増やして2日間に渡って調査を行いました。こてはし台分のデーターは別マップとして起こしました。

マーカー数値は1m高さでの放射線量
水色:0.19μSv/h以下
:0.2μSv/h以上0.39μSv/h以下
:0.4μSv/h以上0.59μSv/h以下
:0.6μSv/h以上
黒点なし:調査日 11月12日
黒点あり:調査日 11月13日

より大きな地図で こてはし調整池放射線量調査 を表示

ポイント毎のデーターはマップのマーカーをクリックして見れますが今後行政に告知して対処してもらうために一欄表も作成しました。


マップで判るように高台(住宅地側)よりの排水口に沿って0.7~0.9μSv/hの高線量ゾーンが存在し木道(歩道)近傍でも0.3~0.5μSv/h程度(この位では驚かなくなったのが恐いですが)が確認されました。

SCIMG1219.jpg
排水路前の鉄柵の前 高さ1m 0.82μSv/h

SCIMG1242.jpg
調整池内歩道の脇 高さ1m 0.45μSv/h


SCIMG1211.jpg
高線量の原因と推定される 流入口

SCIMG1243.jpg
上の写真を撮影した流入口の手前 高さ1m 1.09μSv/h(さすがにこれ以上近づけませんでした)

SCIMG1254.jpg
四阿(あずまや)側中央階段直下の木道広場 高さ1m 0.55μSv/h

まさか千葉市内でこんな場所があるとは想像もしていませんでした。しかも住宅地に隣接し小さいお子さんが魚とりをしている場所です。
図版が多くなったので、詳しい状況は明日に説明します。
(by otto)
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/215-a3ba5874
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。