子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

「ママの集い」とリンクして地域の測定をしています

10月28日に開催された「ママの集い」で「まもる会in千葉」への測定依頼が沢山あり、今後予定を調整しながら順次進めていく予定です。

(1)えごだ南公園、はざま公園(稲毛区小仲台)


第1弾ととして「ママの集い」終了後に集いに参加したお母さんと稲毛区の公園の調査を行いました。
1箇所ごとに時間をかけ「ママ目線」で気になる所をピックアップして測定しながら、お子さんの外遊びの事、食べ物の事など話しながら測定していきました。普段お母さんたちが心配している事がよくわかますし、思わぬ発見などもあり、私達の会にとっても有意義な活動だと思います。
お母さんたちも大変よく勉強されていて、針葉樹と広葉樹の落葉の放射線量を比較して後者のほうが高いことが判り私たちもとても参考になりました。
データーの詳細は10月分まとめの10月28日分をご覧下さい。

(2)宮ノ谷公園、穴川中央公園(稲毛区穴川町、宮野木町)


同じく稲毛区のお母さんからご自宅とお子さんを遊ばせている公園の測定について依頼があり、宮の谷公園と穴川中央公園(稲毛区役所隣り)の測定を行いました。

穴川中央公園は以前検見川町の山口さんがアスレチックの測定をされていますが、今回は児童公園について砂場、遊具の下、ブランコ下、滑り台下、落葉の上などを細かく測定しました。

穴川中央公園(児童公園)測定結果 (μSv/h)
1cm100cm
公園中央 0.120.13
その他0.11~0.21-


宮ノ谷公園に隣接している宮野木保育所は6月の千葉市による測定で0.2μSv/h以上が検出された場所であり「まもる会」でも以前測定を行なっています。
今回すべり台下などに使われている人工芝(マリンスタジアムの張替えの時のものをリサイクルしたものだそうです)で比較的高い数値の部分がありました。
宮ノ谷 宮ノ谷測定値

測定中に近隣の住民の方にも熱心にご覧になっていただき測定人工芝が設置されたのが3.11以降ではないかなど情報も頂きました。また「ここも見てみたら」と的確な指示もあり以下の結果をまとめる事ができました。

宮ノ谷公園人工芝測定結果(μSv/h)
測定位置地表の状態1cm100cm
石滑り台下人工芝(1)0.440.14
人工芝(2)0.33-
中央下り坂人工芝0.48-
0.07-
ブランコ下人工芝0.29-
0.07-

程度の差はあれ周囲の土より人工芝の方が放射線量が高いことが判ります。原因としては放射性物質が地下に浸透しない、土壌に比べて水がたまりやすく動きにくなどの理由があるかもしれません。
結果については住民の方にもお知らせしましたので、自治会等でも検討していただけたらと思います。

(3)感想など
私たちの測定は行政の不備をおぎなう形でできるだけ多くの地域の測定を行い、結果をマップで公表する事を主眼にしてきましたが、いつも「測定するだけ」にならないかという心配はあります。そのため陳情、請願などを通じて行政への働きかけを行なってきましたし、今後も継続していきます。
ただ、やはり私たちの立場はあくまで「住民参加」の調査だということもあらためて確認しました。
お子さんも参加したり、住民の方と話し合いながらで、1日で沢山測定するという「効率」とは無縁ですが、むしろそのほうが大切だと痛感します。

また、今回の調査で高い数値がでても皆さんが冷静に受け止めておられるのが印象的でした。特に若い子育て中のお母さんたちが知りたいのは身近な子どもたちが暮らし、遊ぶ地域の情報です。行政も公園等計測が進められていますが、線量の高いところへの明確な姿勢を打ち出すべきです。また市民が測定して高い値がでた所は再調査するなどきちんと対処し協力すれば協力してもらえるパートナーとして考えていただきたいと思います。


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/201-259ed23c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。