子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

二本松市のコメの予備調査で500ベクレル検出

9月27日追記:
毎日 東日本大震災:稲作、消滅の瀬戸際--二本松・小浜地区 /福島
東日本大震災:福島・二本松産米セシウム検出 コメ農家「収穫も出荷もしない」

少しづつですが状況がわかってきたように思います。小出裕章氏が「原発事故は人間がその土地に刻んできたものを根こそぎ壊してしまう」と書いていましたが、今回の小浜地区も大変な労苦を注いで切り開き維持してきた谷津田が狙い撃ちの様に被害にあったという過酷な現実があります。

農と島とのありんくりん「福島に対して私たちがなにをできるのかを問おう。 福島からの重いコメント」



追加情報です。
読売 福島除染土、最大2800万立方m…環境省試算
読売 福島産米、山間部で追加の予備検査実施
あと、本文にあるレポートの作者の方からメールで教えていただきましたが
福島民報 一般米で一定水準下回る 初の放射性物質検査
この記事だと取水系の影響ということになり山林の除染問題と関連して非常に厄介なことになります。ただ検出量のバラつきが大きいことの説明としては不十分の様に思えます。(福島民報は「セシウムを分解するバクテリア」という誤報があったのでオリジナルを見ないと論評できませんが)
本文にも書きましたがコメの検体を増やすのも重要ですが、今からでも土壌調査をやり直すなりして因果関係を解明しないと信頼回復は難しいのではないかと思います。(すくなくとも「福島新発売!」の様なタレントを使った浮ついたパフォーマンスは子どもの健康や将来を真剣に考えているお母さんたちには逆効果だという事に早く気づきいてもらいたと思います。)


毎日 二本松産米:予備検査で規制値検出 本検査で出荷判断へ

毎日の記事によると当該水田のセシウム量は(農水省方式で)3000Bq/kgで当然作付け制限(5000Bq /kg)以下だったということです。
下図は福島県によるモニタリング結果の抜粋です。
二本松pdf

下図は
文部科学省による放射線量等分布マップ(放射性セシウムの土壌濃度マップ)の作成結果を踏まえた航空機モニタリング結果(土壌濃度マップ)の改訂について(平成23年8月30日)(PDF:1596KB)
のマップに二本松市小浜地区の位置を赤丸でマーキングしたものです。
二本松CS

マップの凡例だと[30万-60万]Bq/m2に相当する位置にあり文科省方式で換算すると4600~9200Bq/kgとなり農水省の移行係数=0.1だと確かにきわどい数値ですが、当然移行率の算定の基礎になっている土壌放射能量の定義がちがいますので比較はできません。毎日の記事や上の福島県のモニタリング結果でも二本松市、あるいは小浜地区、及び近隣の数値も大きくバラついています。

毎日の記事にあった3000Bq/kgという農水省の土壌調査結果ですが
農水省 農地土壌の放射性物質濃度分布図の作成について
マップに落としたものはこちら
【別添2】農地土壌の放射性物質濃度分布図(県(地域)別) 福島県(PDF:1,348KB)
詳細(数値)データーはこちらです。
【別添4】農地土壌中の放射性セシウムの分析値(PDF:178KB)

これらの他に群馬大学の早川先生が「コメマップ」を公開しておられるので紹介しておきます。
2011年コメのセシウム
hayakawakome.jpg

9月3日に「まもる会in千葉」で勉強会を開催しましたが、その際会員であるお母さんが詳しいレポートに基づいて報告してくれました。ブログで公開するタイミングを逸した事が悔やまれます。
コメの問題は稲藁(牛肉)やお茶の様に放射性降下物が直接付着したのではなく一旦土壌に落ちたものが根から吸い上げられたという点で状況が異なるという押さえが重要です。

9月3日勉強会資料 土壌中のセシウムの動きと農作物への移行について

玄米で検出されたセシウム濃度と土壌セシウム量の比較データーがありますので是非参照して下さい。

なにか個人のメモかリンク集になってしまいましたが、今回の結果は2回サンプリングしているようなので誤測定はありえないとすると移行係数が0.6 0.16 になってしまいます。
「精米した白米なら基準値(500ベクレル)以下」という説明ではとても消費者の理解は得られないでしょう。

土壌濃度とコメのセシウム量の関係に一定の相関(比例関係)があることを合理的に説明できないと、極端に言えば水田一枚、一枚条件(係数)が違うということになり、従前の評価システム(土壌は5000Bq/kg以下で管理し移行係数は(0.012~0.00021)より安全側の0.1)が崩れてしまいます。
(by otto)


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/161-0f892b42
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。