子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

千葉市が公表している放射線量データーについて検討しました

千葉市の公開している空間放射線量率のデーターは
1回目 6月6日~6月8日
2回目 8月2日
3回目 9月5日 でほぼ1ヶ月ピッチ、ただし7月はデーターなし
に実施されたものです。
千葉市が「継続」して測定した6箇所について測定値をプロットして近似曲線を引いてみました。(厳密にはExcel のVALUE関数などで日付を数値データーに変換して計算する必要がありますが、上記の様にほぼ30日ピッチなので無視しました。)絶対値が違うので一度基準化して全体の変化率を求めても良いのですが、とりあえず予断を排して個別に行いました。
とはいえデーターが乏しく、特に7月のデーターがないのが致命的なので、あくまで参考です。

これを見る限り稲毛、花見川とその他という2群のデーターに分けられる様に思えます。これは当会で行った測定のまとめで、大局的に千葉市南部(沿岸部)と千葉市北部(内陸部)に分けたことに通じます。
千葉市の担当者は「バラつきがない」と言っているようですがどういう公準で見ているかによるわけで、一度ゆっくりお話を伺いたいと思っています。
千葉市空間線量推移

この2群の各1系列について「減衰曲線」の回帰式を表示してみましたが、傾きが明らかに異ります。
余談ですがこうした作業は千葉大(だけとは言いませんが)あたりの基礎的な素養のある理系の研究者や院生の方がやっていただけると素人としては大変助かるのですが。

下のグラフは日本分析センター(大日町)が公開している敷地内の3月移行の空間線量データー
空間放射線量率について(日別のデーター)
から最高値を表示した3月23日を起点に測定値を拾い出してプロットしたものです。(4月以降が5日間隔のデーター)
3月20日の2号機格納容器破壊による放射性物質の放出に伴い千葉市の空間線量が急上昇し、その後フォールアウト(放射性降下物)が飛散したり地表に落下して約1ヶ月で平衡状態となったことがわかります。(測定値は1Gy=1Svに読替え)空間的な配置が異なるので絶対値を比較しても仕方ありませんが問題は「減衰率」です。
日本分析センター

このグラフを見る限り千葉市のデーターの6~8月間のように劇的な低下傾向(熊谷マジックとでも呼んでおきます)は見受けられないのです。(先日の記事で取り上げた印西市放射線マップも参照ください)
もちろん千葉市のデーターがインチキだとか言っているわけではないので誤解なきようお願いします

「場所が違うからデーターが違う」という反論もあるでしょうが、世間ではそういう物言いを「減らず口」といいます。問題は「場所が違うと何が違うのか」を説明することです。
空間線量が変動する要因は
1.物理的半減期(2ヶ月程度では?)
2.風、雨水による再拡散、凝縮
3.気象条件(降雨により空間線量が上昇するというデーターは多数あります)
などですが、開発の進んだ都市部では放射性降下物(主にCs-134,137)を固着する土壌の露出が少なくコンクリート、アスファルトに降下した放射性物質は雨水で流され排水の悪い側溝や下水汚泥に濃縮されると考えて良いと思います。
みまもりファームの栽培日誌「空間線量率-セシウム土壌濃度の散布グラフ」を作成しました

ただし小学校の校庭のように条件がほぼ同じ場所で有意な差が生じるのは不可解です。花見川、稲毛のデーターから求めた回帰式の後方予想値だと4月上旬の空間線量は0.5μSv/h程度になってしまいます。もちろん前述の様に乏しいデーターを元に目の粗い話をしているので10月の測定結果が公開?されればもう少し精度が良くなるかもしれませんが、問題の一つに「小学校」という第三者(市民)が立ち入って検証できない場所での測定結果だというのもあります。

もともと3,4,5月についてはデーターが存在しないわけですから、私たちが土壌調査を求めているのは土壌中の放射性降下物の量を確定することでその場所の汚染状態を過去にさかのぼって把握するためですが、千葉市の担当者は「土壌測定=農作物」という固定観念に縛られてなかなかご理解頂けないのが現状です。

あと、ある方のブログを読んだところ市長か市当局が「0.2μ以下ではなにもしない」と公言したそうです。事実関係は判りませんが少なくとも「0.2μSv/hを超えていた、あるいは超えた可能性のある時期も何もしなかった」
というのは事実だろうと思います。

本当に最後ですが市当局の測定は第1回目業者委託、第2回目以降は千葉県貸与のサーベイメーターで市職員?の測定となっています。装置や測定位置、方法などデーターの一意性についても公開されているデーターだけでは不明なので「まもる会」として,もっと詳細なる情報開示を求める予定で、開示され次第このブログでご報告します。




関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/157-268fede0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。