子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

公園の除染実験に参加しました

一部には告知しましたが9月17日に花見川区検見川町の中道公園で行われた除染実験に参加しました。
今回の除染は検見川在住の若いお父さんであるOさんが「こどもの利用する公園の線量を少しでも下げたい」という熱意から行ったものです。
参加者の方からメールで教えていただき「まもる会」のメンバーは測定や作業のお手伝いとして参加させていただきました。

1,除染場所、目的
下の写真が中道公園の全景、青い四角の範囲が今回の除染範囲です。
今回はCP社のA2700のオーナーである検見川町在住の山口さんが事前に放射線測定を行い、浮き砂を除去するだけでも線量の低下が期待できるという予想を立て、長辺10m(最大13.5m)、短辺方向6m≒63.5m2)について、除染に要する時間(工数)、廃土の量、除染前、除染後の地表1cmの放射線線量の測定(63.5m2のうち約50平米50ポイント)を行う事を目的に実施しました。

中道公園  

2.除染前、後の放射線量測定結果
事前に測定した中道公園の1mの空間線量は0.1~0.12μSv/h(草むらでは0.15μSv/h)で特に線量が高いというわけでなく住宅地内にあるごくありふれた公園です。
下図は事前にマス目の中央で測定した地表1cmの放射線量を等高線で表したものです。上の写真と逆になってしまいましたが長辺壁側(奥)がレジンコンクリート製のすべり台兼用の築山側、手前が植え込み側になります。
流れ落ちる雨水により築山側の線量が高いこと、右側の砂の吹き溜まりに0.25μSv/hの高い部位があるなど、狭い範囲でもバラつきがあるのがわかります。
除染前線量分布
下の図は上と同一位置で除染後の線量分布を表示したものです。すべり台側は雨水で放射性降下物が地中に浸潤しているためか浮き砂の除去だけでは線量が下がらず、さらに深く除去しました。除染後は「半分」とまでは行きませんでしたが大部分は0.09μSv/h以下に低減することができました。

除染後線量分布

3.まとめ
除染範囲(63.5m2)の地表1cmを処理するのに要した時間は約2時間(実作業 大人3名 測定、記録補助1名)で約700kgの廃土が生じました。 
地表部の線量は概ね0.09μSv/h程度に低減できました。
1m線量は除染前0.1μSv/h 除染後0.09μSv/h で誤差範囲でした。高エネルギー加速器研究機構の野尻さんのツイートにもありましたが、空間線量を下げるには100メートルオーダーの広範囲の除染が必要だと思われます。
今回は実験のため細密な調査を行いましたが、実際の除染の場合にも事前に放射線量を測定することは無駄な廃土を減らし、効率よく除染するために必要だと思いました。また効果の確認も必要です。

今回道具は参加者の持ち寄りでしたが土嚢袋は発案者のOさんの個人負担でした。陳情のいくつかが議会で採択された以上、市当局はこれまでのかたくなな姿勢を改めて市民活動への協力、サポートを行ってもらいたいものです。
私たちの会が提出し採択された陳情でも「市が全部やれ」などとは言っていません、住民の自主的除染に協力、サポートしろと主張しているのです。

最後に土嚢の山で確認した0.9μという数値は福島原発から200km以上離れ影響も軽微だと言われてきた千葉市のありふれた公園での事態であるからこそ、事故の深刻さを改めて認識させます。
この土の上で3月以降現在まで子ども達が座り込んだり、走りまわったりしています。市長、および市当局にあらためて見解を伺いたいものです。

4.工程写真と説明
準備
事前作業
今回は除染に要する時間(人工)や廃土の量、除染前除染後の線量などのデーター取りのため、地表にすずらんテープと小麦粉を使ってマス目(メッシュ)を入れ除染面積を確認しました。(除染後消えても困らないよう交点に目印のペグを打ち込みます。)
除染前測定
マス目の中心で地表の線量を測定します。(表面の浮き砂の様子が分かると思います。)

浮き砂除去
水撒き後「じょれん」を使って表面の浮き砂を掻き取りました。(表面から深さ1cm程度)

袋詰め、再測定
除去した浮き砂を袋詰めすると同時に、除去後の線量をその場で測定し効果が薄い箇所は再度剥ぎ取ります。

除染後の廃土
除去した砂を詰めた土嚢袋の山です。(約705kg) 単純計算ですが深さ5cmまで除去すると3.5トン強の廃土が出ることになります。

廃土の線量
除去した砂を詰めた土嚢袋の上で放射線量を測りました。測定値が0.6~0.9μSv/hという結果で参加者全員呆然としました。
(by otto)
関連記事

Comment

除去した砂
この放射線量が高いなら、除染も0.1μSv/hレベルだとしない方がいいのかも・・・・
と考えてしまいます。
どうなんでしょうか?
Re: 除去した砂
高橋さん、コメントありがとうございます。

> この放射線量が高いなら、除染も0.1μSv/hレベルだとしない方がいいのかも・・・・

実は、そういうご意見(議論)が出る事が私たちが期待したことでもあります。千葉市当局の言っている「一般清掃で対応」というのは放射性物質を拡散させるだけで非常に有害な考え方だと思います。事前、事後に調査し一般ごみと汚染された廃土を区分けして、効率良く行い廃土を減らす事が必要だと思います。
あと、0.1μが高いか低いはその地域に生活している人、特に小さいお子さんを公園で遊ばせている若いご夫婦では受け止め方がまるで違うというのもご理解願えればと思います。
2011.09.20 07:09 | URL | otto #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/156-b2028fe9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。