子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

まもる会in千葉の放射線対策を求める陳情が採択されました!

1.昨日(9月12日)千葉市議会環境経済委員会で放射能対策についての請願(1)陳情(6)について審議が行われ「子どもを放射能からまもる会in千葉」が提出した

陳情第11号「放射能から子ども達を守るために放射能測定の充実を求める陳情」
陳情第12号「放射能から子ども達を守るために食品検査を求める陳情」

の2本と美浜区の個人の方が署名を添えて提出した

陳情第13号「放射線に対する保育園・幼稚園・学校・公園・の除染、給食の安全管理強化、及び情報発信に関する陳情書」(ご本人の了解を得ていないのでお名前は省略します。)

採択されました

当日は「まもる会in千葉」の会員である2児のお母さんが堂々と意見陳述をしてくださいました。また陳情書の作成にあたってアドバイスをいただいた会員の方、ご支援いただいた個人、団体の皆さんにこの場を借りてお礼致します。

残念ながら全ての請願、陳情の採択にはいたりませんでしたし、これで安心というわけではありません。小さな一歩ですが、今後千葉市当局との交渉、要求をおこなう際に足がかりが出来たということはやはり重要な事で素直に喜びたいと思います。また延び延びになっている「まもる会in千葉」が市長あて提出した「要望書」の説明会を早期に実現するように市に要求していきたいと思います。
各陳情に対する千葉市当局の答弁「市の考え方」や審議の内容についてもお知らせしたいと思います。

2.報告会のお知らせ

急なお知らせですいませんが今回の陳情の採択をふまえて9月22日に「子どもを放射能からまもる会in千葉」のこれまでの調査活動と行政、議会への働きかけなど活動の説明と今後の方向についての説明会を開催します。

日時: 9月22日(木) 午後2:00~
場所: 花見川区健康福祉センター
内容:
(1)千葉市への要望書、議会への陳情の内容と今後の活動について
(2)これまでの放射線測定のまとめと今後の調査について

行政の不備を補う形で市民活動として放射線測定を行ってきましたが、「測るだけでなく除染と結びつく様な調査をしてほしい」という要望も寄せられていますので、今後の方向性について考えます。

いずれも講師は招かずスタッフからの説明は必要最小限として参加者からのご質問やご意見をかわす場にしたいと思います。詳細は追ってご報告したいたと思います。

         長谷川弘美
  




関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/148-4160a849
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。