子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

千葉県農地(土壌)マップ

追記: 茨城県(南部)のデーターを追加しました)

昨日の記事で農水省が公表している
農地土壌の放射性物質濃度分布図(県(地域)別
は「1000ベクレル以下一括りでわかりにくいという話を書きましたが、文句を言っても仕方がないのでデーターをコンバートしてマップを作りました。

大きい地図で千葉県農地(土壌)マップを見る

色分けはこれまでの土壌マップと変えてありますのでご注意下さい。
緑 50Bq/kg以下
青 100 ”
紫 500 ”
赤 1000 ”

農地の土壌調査はサンプルの採取方法が「文科省方式」とは異なりますので同一のマップに載せ比較するのまずいというのもあります。(農水省方式→「150倍換算」で行くと500bq/kg≒75000Bq/m2
農地土壌の放射性物質濃度分布図の作成について

放射性物質濃度の測定に用いる農地土壌の試料は、調査地点ごとに一つのほ場から採取しました。具体的には、ほ場での平均的な値を得るため、ほ場に対角線を引きその交点1点、対角線の交点と各頂点との中点4点の計5箇所から、放射性物質が耕起によってかくはんされる深さや農作物が根を張る深さを考慮して、ほ場が水田の場合は地表面から約15cm、畑の場合は最大約30cm の土壌を採取しました。


元データーは 
農地土壌中の放射性セシウムの分析値(PDF:178KB)
から「メモ帳」にコピペしてExcelに「カンマやタブなどの区切り文字でフィールドに区切られたデーター」として読み込ませます。(Textとして読み込んではダメ、あとはCONCATENATEなどの文字列関数を使って整形しますがExcel教室ではないので省略)
住所から位置情報を取得するには
 http://hacedor.sakura.ne.jp/geocode.html 
を利用させていだいておりますが、元データーでは福島県以外は町村番地など詳細が入っていません(風評対策?)こういう曖昧で重複しているデーターは余計な手間がかかりますが、その割に出来たものの位置精度はあくまで目安程度のものです。
今後、茨城県南部のデーターなども参考に入力しようかと思います。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/142-3e431d3a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。