子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

茨城県の航空モニタリング結果が公開

文科省から福島県の土壌マップが30日に公開されましたが、それに比較するとひっそりと栃木県に続いて茨城県の航空モニタリング結果が茨城県のHPで公開されています。東京新聞には掲載されましたがWeb版では見当たりません。

文部科学省及び栃木県による航空機モニタリングの測定結果について
茨城県HP 文部科学省及び茨城県による航空機モニタリング測定結果
文部科学省及び茨城県による航空機モニタリング測定結果【文部科学省報道資料提供】PDF : 1,244KB


訂正が入っているようなので念のため文科相のリンクも貼っておきます。(こちらの方が良いでしょう)
文部科学省及び茨城県による航空機モニタリングの測定結果の修正について(平成23年8月31日)(PDF:2402KB)

福島県での航空モニタリングと空間線量の実測値、土壌測定結果はかなりの精度で一致しているので今回のデーターも今後の計測で大きくくつがえる事はないだろうと考えています。

下図はセシウム134+137の合計蓄積量を示し 左上の凡例が切れてしまいましたが単位はBq/m2です。
ibaragi_soil_map

千葉県の柏市、我孫子市、印西市に接する茨城県南部に3万~6万、6万~10万ベクレル/m2
の範囲がバンド状に存在する事がわかります。(それぞれ凡そ500~1000、1000~1500Bq/kgに相当します。)

下図は上のマップと「まもる会in千葉」が作成した「千葉県土壌マップ」を「えいっ!」と重ねたものです。縮尺等はいい加減なのであくまで参考です。
soil_cont

これを見ると稲敷市と接する成田市付近は概ね500Bq/kg以下、柏、印西、白井付近で1000Bq/kg超の地点が一定数あるとこと、鉾田市と白井市で50ベクレル以下ですが米からセシウムが検出された件も納得がいきます。(あくまで仮説ですが)
これらは3月20以降の福島第一原発3号機の格納容器の破壊に伴う大規模放出が雨によって叩き落とされ地表に蓄積したものとしても大きな間違いではないだろうと考えています。問題は500~1000Bq/kgの範囲がどこまで千葉県南部に食い込んでいるかです。プルーム(放射能雲)が県境で止まるわけでなし、千葉県北部のデーターもあるのでしょうが、公開は群馬、埼玉の後?かもしれません。

福島県の土壌、空間線量調査結果

NHK 土壌汚染の広がり 地図を公表 8月29日 20時38分

ところが報道では国立環境研の時もそうですがプレスリリースだけで元データーのある場所が良く判らないのです、困ったものだ。

文部科学省による放射線量等分布マップ(放射性セシウムの土壌濃度マップ)の作成について

文科省 土壌モニタリングの測定結果(平成23年6月1日~平成23年8月31日までの測定結果)


追記:6月に発表された筑波大アイソトープ研による土壌調査地図を貼っておきます。3ヶ月前に状況はほぼ解明されていたことになります。

 筑波大アイソトープ研
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/135-eefc78e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。