子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

千葉県土壌調査マップを作りました

8/23追記: 船橋市と白井市(一部)の土壌調査データーをマップに追加しました。いずれも「裸地」のデーターのみで砂場は入っていません。データーの説明は別の記事としてまとめますのでとりあえずお知らせまで。


以前の記事で「首都圏土壌調査プロジェクト」に関して別ヴァージョンのマップを作成しましたが、今回土壌調査プロジェクトの千葉県内のデーターと県内自治体の内、印西市、成田市、四街道市が行った土壌調査の結果をマップにまとめました。
今後白井、船橋、市川などの自治体による土壌調査の結果も反映させていく予定です。
首都圏土壌調査プロジェクトマップ「まもる会in千葉」Versionとあわせてご覧ください。

千葉県土壌放射能量調査マップ

より大きい地図で千葉県土壌調査マップを見る

マーカーの位置は住所からgeocode(緯度、経度)を取得したもので場所によっては結構ずれています。あくまでも目安ということで了解願います。
マーカーの色分けは以下の通りです。(数値はセシウム合計を使い単位はベクレル/キログラムです。)
0~500   緑
500~1000  青
1000~2000 紫
2000~3000 赤
3000~   黄
      
元になったデーターは各自治体が公開している調査結果から抽出したものです。(余談ですがデーターの再利用という点からPDFは勘弁してもらいたいと心底思います。)

印西市 市内48か所の放射線量の測定結果について

成田市 市内小中学校及び幼稚園,保育園(校庭,園庭)の放射線量測定及び土壌調査結果について

四街道市 土壌中の放射性物質の測定結果について

いずれも同一箇所での土壌と空間線量測定を行っている点で貴重な情報だと思います。なお、空間線量率については土壌サンプル採取日に直近の日付を選びました。
これらをまとめてマップの作成データーとしたものをGoogleDocumentで公開していますが、主なパラメーターを以下に示します。

土壌放射能量(Bq/Kg)と空間線量(μSv/h )の平均
Cs134Cs137Cs合計100cm50cm5cm
成田市1381512870.170.170.18
印西市3233546770.230.230.27
印西市(砂場)4214648840.270.270.26
四街道市70741440.150.150.16

下のグラフは土壌のセシウム合計(Bq/Kg)を横軸にとり、5cmと100cm(1m)の空間線量率(μSv/h)を縦軸に取って、その相関を見たものです。土壌のセシウム量と空間線量率の相関は既知の事実で、このグラフは新たな知見を表しているものではありません。(ただし、土壌サンプルの採取場所と空間線量の測定箇所がどの程度一致しているのかなど調査方法の詳細は当会では確認できません。)各系列(5,100cm)に対する近似曲(直)線を同系の色で示してあります。
成田土壌 
上のグラフは成田市のものですが土壌データーで1000Bq/Kgを超えるデーターはありません。ただしマップを見ると土壌サンプル採取箇所は居住区に片寄っていて、同一敷地内の施設からも漏れなく採取していますが、メッシュで傾向を見るといった戦略性は無いようです。本来データーを行政区割りで区分するのもヘンな話ですが、ある程度傾向は示しているようなので、いたしかたありません。
印西土壌 
上記のグラフは印西市の土壌データーと空間線量の関係を表示したものです。土壌放射能量も1000Bq/Kg超のデーターが一定量存在します。特異点としては、印西中学校校庭で2000ベクレル超、草深公園で4120ベクレルが最高値です。(上記のグラフでは草深公園のデーターは除いてありますので御了解ください。)草深(第2)公園の周囲は住宅地で概ね1000ベクレル以下です。航空写真では調整池?らしきものが確認できますので、なんらかの要因となっているかもしれません。
印西土壌砂 
上のグラフは印西市のデーターのうち学校、保育園、幼稚園の砂場のデーターを抜き出して独自に評価したものです。全体に数値が高いのですが、空間線量も千葉市の平均(0.14)のほぼ2倍です。むしろ砂地の方が地下への移流速度が速く、粘土質の土壌の方がセシウムが固着するという説もあるので原因は良く判りません。

なお土壌の問題はブログの読者の方からメールをいただきましたので別の記事でまとめたいと思います。
(by otto)



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/126-9dd1f3f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。