子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

「大地を守る会」に食品の放射線検査についてうかがいました。

8月18日に当会の会員3人で「大地を守る会」の本社(幕張テクノガーデン内)を訪ねて食品の放射線検査の状況について担当の方からお話をうかがいました。以下は参加した会員のSさんの報告です。私たちが理解した範囲でまとめましたので、聞き違いとかあるかも知れませんので詳細は「大地を守る会」のHPを参照してください。


大地を守る会では、食品の安全を守るために、全生産者・全品目別で検査を行っているとのこと。その取り組み方などお話をうかがってきました。

大地を守る会の放射能測定は、
●その1 高感度NAIシンチレーションサーベイメータにより、青果物全品目と一部加工品のスクリーニング検査を毎日実施。これは一台100万円するもので、簡易ガイガーカウンターよりは感度が高く、ガンマ線の量が測定できます。まず、30秒間空間線量測定後、10秒ずつ3回野菜に密着させて測定しています。この機種はガンマ線の飛び交う数の測定のみなので通常示すベクレルには換算が必要です。これで値が高かったときは次のより詳しい検査に回します。

シンチレーション

●その2 高精度検査機器「NaIガンマ線スペクトロメータ」による測定
このスペクトロメータは一台300万円、現在5台保有しています。この機種では放射線核種、セシウム134・137、放射性ヨウ素、カリウムを測定できます。1検体2時間、またより精度を高めるために10時間検査もしています。肉の場合だと、330gの肉を隙間の無いように筒状の測定ケースに詰め込み、鉛シールド(暑さ50mmの鉛+暑さ3mmの無酸素銅)で囲われており、環境値を1/10程度に減らし高感度な測定他出来ます。10ベクレル以下は不検出となります。(パソコンに直接核種別にベクレルが表示されています。)
スペクトル NaI

●その3 スペクトロメータで20ベクレル以上出た時には外部機関へ依頼し、さらに精度を高める検査を実施します。
ゲルマニウム半導体検出器(参考価格1500万円)も導入され、今後さらに検査体制を強化していくとのこと。
●感想など
 おおざっぱな検査を全てに行い、あやしいものを詳しく検査すると言う方法は合理的と思えます。NaIガンマ線スペクトロメータは24時間体制でフル稼働とのこと。基礎的な理科系の知識は必要なようですが、測定するだけなら一般のひとでも出来るようです。この機種は現在国が県・市に勧めている機種と同様なものと思われます。(300万円の半額を国が補助する)

 このほか東都生協でも1986年チェルノブイリ事故をきっかけにゲルマニウム半導体検出器を導入し、以来食品の放射能測定を進めています。確かな情報が風評被害を防ぎ、消費者だけでなく生産者もまもっていくことに繋がるとのこと。

しかし現実には、測定して基準値内ではあっても放射能が出た場合、契約農家であっても生協でも引き受けられないこともあったといいます。風評被害も大きく、生産者とすると放射能測定をする動機はあまりありません。
しかし稲ワラの事もありましたが、想定外にひどく汚染されたものが出ないとも限りません。行政に積極的に測定することを望むと同時に、購入時に手軽に測定でき、買うか買わないを判断することができるといいと思います。
(A.S)



私からも少し加えて報告と感想です。
1、高精度検査機器「NaIガンマ線スペクトロメータ」は、さらに2台増やす予定だそうですが、品薄、現在農水省が買い占めているようです。国が示す放射線の測定マニュアルに基づくと結局高額なゲルマニウムの検出器での検査となっており外部の専門機関に依存することが多く検体数が限られたものになっています。これは千葉県での聞き取り調査の中でも私は主張したことですが、簡易な検査も平行してとり入れできるだけ多くの農畜産物や食品を網羅し、情報を開示していけるかどうかだと考えます。大地の場合対象とする食品が限定されているとはいえ、国の測定マニュアルに縛られず、検査器を段階別にをうまく活用して全品検査ができていると感じました。
2、またNaIガンマ線スペクトロメー検査器は現地福島にも貸し出しをして検査しているとのことでした。
このままでは東日本の第1次産業がダメになってしまうという危機感。東北、東関東を中心とした農業をなんとかして守っていきたいという立場からも活動を作っていきたいとのこと。有機で循環型の農業であったからこそ打撃も大きい。除染対策室が具体の事例に取り組みながら民間からの発信基地になれればと考えているそうで期待したいと思います。現地に入っての取り組みが農産グループ長の戎谷さん(通称エビちゃん)のブログを紹介していただきました。

3、大地としての独自の自主基準についての考えを伺いました。同業者であるOicixが370ベクレル(輸入食品の規制値と同じ)を基準としていること。しかし放射能にはしきい値がない事、また○○ベクレル以下ならOKともいえないなどから、全ての品目を検査する、また情報公開をしていくことで対応していく考えで、大地としては自主基準は設定していない。また○○ベクレルとした場合、全ての商品が、それ以下である事を保証できるかという検査体制の問題もあるとのことでした。
消費者からの放射能への心配の声は大きく、複数の生産者の品物であると、その中に東関東や東北地域が入っているとガタンと消費が落ちてしまう。子どもたちへの安心野菜セットで、生産地を限定した検出限界値以下(概ね10ベクレル以下)のものを始めたところ、料金は高めであるが非常に需要が多いとの事。いまや農薬、化学肥料、遺伝子組み換えなどの問題が飛んでしまっている。
東都生協の徹底した検査と情報開示の取り組みも紹介していただきました。これまで農薬問題など国の対応の甘さを問題化し、より安全な食材を提供してきた生協などが消費者とともにしっかりとこの放射能問題に取り組んでいっていただきたいと感じました。
(長谷川弘美)
関連記事

Comment

文中の「●感想など おおざっぱな検査を全てに行い、あやしいものを詳しく検査すると言う方法は合理的と思えます。」というのは、本当でしょうか。私は疑問です。

昨日メーカーに確認したところ、シンチレーションサーベイメータで+5cpsの上昇が、判断する値だと確認しました。

私が自分で調べた限りですが、275cps/Sv/h の感度を持ったメーターのようです。それが正しければ、0.018μSv/hの差分を見ていることになります。

この件について、大地を守る会に問い合わせ中です。
2011.11.05 16:55 | URL | PEN #XYRnQrgo [edit]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。原稿を書いた者ではないので直接お答えは出来ませんが、交通整理をしたいと思います。

> 昨日メーカーに確認したところ、シンチレーションサーベイメータで+5cpsの上昇が、判断する値だと確認しました。
メーカーというのはEMFジャパンでよろしいでしょうか?
http://www.emf-japan.com/amptek/img/pdf/23.GAMMA-RAD5.pdf

> 私が自分で調べた限りですが、275cps/Sv/h の感度を持ったメーターのようです。それが正しければ、0.018μSv/hの差分を見ていることになります。

素人考えで間違っていたらご指摘願いたいのですが
275cps/Sv/h はTCS-172Bの∮1×1inchのNaIシンチレーターのエネルギー閾値なしの計数率とほぼ同等で∮3×3inchNaIとしては一桁低い様に思います。
あとバックグラウンドと0.018μSv/h程度の差ならMrGamma(CsIシンチ3.5cm3)でも識別可能だと思います。

> この件について、大地を守る会に問い合わせ中です。
結果がわかりましたら是非コメントお願いします。
2011.11.05 18:11 | URL | otto #- [edit]
EMFジャパンの据え置きタイプのものではなくて、CANBERRA社のシンチレーションサーベイメータ(手持ち式)のことです。そして、以下のような短時間の測定で、はたして何ベクレルの検査ができるのかをメーカーに問い合わせ中。

(記事より)
> まず、30秒間空間線量測定後、10秒ずつ3回野菜に
> 密着させて測定しています。


回答ありましたら、再度書き込みいたします。
2011.11.05 19:10 | URL | PEN #- [edit]
Re: タイトルなし
> EMFジャパンの据え置きタイプのものではなくて、CANBERRA社のシンチレーションサーベイメータ(手持ち式)のことです。

大変失礼しました。「細かく見る」=ゲルマとマインドセットして文章が読めていませんでした。
CANBERRA社のシンチがφ1×1NaIだとすれば合点がいきます。
ただ、スクリーニングですからたぶん500Bq/kg×10kg=5000Bq/1箱として1桁上げて考えているのではないかと思います。(逆に言えば統計誤差をだせるようなものではないかもしれません)

サンプルが少ないのであくまで参考ですがMrGammaで0.35μSv/h(地表1cmで測定 1m空間線量の300%)の土壌がちょうど5000Bq/kgでした。(ジャガイモやブロッコリと比較するのがそもそも無理ですが)
何を想定しているかによります、確かに測定時間は少し短いような気がします。
2011.11.05 21:02 | URL | otto #- [edit]
Re: Re: タイトルなし
少し追加します。
「大地を守る会」の肩を持つわけではありませんが、記事で紹介している「エビちゃんのブログ」にもありますが、「スクリーニング」と言っても生協の場合、不特定多数の産地から履歴の判らない農産物を受け入れているわけでなないという点は留意する必要があると思います。

2011.11.05 21:38 | URL | otto #- [edit]
肩を持っているように誤解しています。
2011.11.06 09:39 | URL | PEN #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/125-06d7bcfb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。