子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

最近のニュースから

追記:
急遽決定!8月5日午後3時より児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介(ジャーナリスト)をUSt生中継


放射線測定とデーター整理にあけくれていた間にも重要なニュースがたくさんありました。いささか出遅れましたが簡単に触れたいと思います。

1.児玉龍彦氏(東大アイソトープ総合センター)による国会参考人証


当日の映像については多くのサイトでリンクが貼られていますので全文文字起こしサイト
半減期17年のセシウム137による土壌汚染の除染へむけ 東京大学アイソトープ総合センター長 児玉 龍彦
あと児玉先生が当日用いた資料を紹介しておきます。(児玉先生のいう「半分になるのは17年」は物理的半減期ではなく土壌の「生物学的半減期」(滞留半減時間)のようです。)
児玉先生のお話の要点をごく簡単にまとめました。

・3月15日から20日前後にかけて前例のない人口密集地域での大規模公衆被曝が起きた。
東京都の下水汚泥から今なおヨウ素131が検出されています。(事故後140日)、当然濃縮されているのですが半減期8日とすると1/218≒26万分の1、つまり単純計算だと現在の検出量の26万倍が東京に降り注いだ事になります。(「再臨界」というお話も聞きますが可能性は低いと思います。)

・原子力災害特別措置法は「高濃度の放射性物質が狭い範囲に漏洩した場合」(東海村臨界事故)しか想定していない。
現在の状況は法的資格の無い人間が放射性物質をとりあつかう「無法地帯」になっている。つまり「法の空白」を埋めるために、例えば千葉市で考えると千葉大の久下先生の様な方(医者でも放射線防護医学の専門家でもない人)のご宣託に行政が飛びつくという異常事態が起きているのだと思います。

福島第一原発事故 放射線量率の個人測定結果の解釈と利用について

・疫学的な有意性が証明されるには10年20年を要する、その時わかったのでは遅い。(チェルノブイリの例)
子ども、妊産婦、妊娠可能な女性を社会が守るのは政治、宗教を超えた普遍的な原理です。それがなければそもそも「持続可能な社会」など成立しないからです。
読売 東電女性社員の被曝、保安院が厳重注意

・ICRPの「実効/等価線量モデル」の妥当性については重大な疑問がある。
WBC自体、しかも一人1回の結果で判断することに素人なりに疑問がありますが、別の記事でまとめる予定です。

2.食品安全委員会「生涯100ミリシーベルト」答申
放射性物質の食品健康影響評価の状況について
毎日 生涯累積線量:食品安全委「100ミリシーベルト」答申へ

この問題については評価が分かれています。会のなかでも十分議論されているわけではないので、それこそ「暫定的」な個人的意見だとおことわりした上で簡単に触れます。
私はこの数値は「この範囲に収まる食品は流通させてよい」という事であって「安全」と同じ意味ではないと思います。
例えば放射線作業従事者の50mSv/年というのは「計画被曝」と呼ばれるものです。ある線量の区域にある時間滞在すれば被曝量は線量と時間の積で求められる、それを確認するためにフィルムバッチ(個人線量計)を携帯し事業者が管理しているのです。個人的な話しで恐縮ですが私も工業用X線発生装置を使用した業務に携わっていたことがあります。用心深い人は手帳に作業の内容を詳細に記録していました。(私は数ヶ月の「お手伝い」だったのでそこまではしていません)

Xray X線発生装置(左図)は「巨大な真空管」の様なもので高電圧をかけている時だけX線を発生するので、それ自体が「放射性物質」ではありません。(乗用車のトランクに積んで運搬していました、まれにイリジウム、コバルトなどの「放射性物質」を使用する場合がありますが、格段に厳重な取り扱いが要求されます。)

それに対して「一般公衆」は自分の被曝量を自分で管理できません、また管理してくれる事業者もいません。食品の検査といっても「抜取検査」なのでサンプリングの網をすり抜けるものもあるでしょう。(一定の条件で生産される工業製品についての抜取検査法についてはJISで規格化されていますがJAS規格については良く知りません。)ですから当然安全サイドに倒した基準が設けられている(1mSv)のは極めて合理的な話です。

3.放射性セシウムを無害化するバクテリア?

福島民報 バクテリアの除染に効果 飯舘の水田、線量が大幅低下 
上記の記事はすでに削除されたようです。

Twitterで一時大騒ぎになりましたが「記者が誤解しているので本人はそんなことを言っていない」という話もありましたので成り行きを見ていきます。ただしバリウムがあるのは何の不思議もありません。以前の記事で書きましたが
Cs-137(セシウム137)--ベータ崩壊→Ba-137m(ガンマ崩壊 半減期3分)→Ba137
ですから「バリウムがあった=セシウムがあった」なので取り立てて問題にすることでもない様な?気がします。
(by otto)

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/111-5c55997c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。