子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

個人向け線量計

いきなり追記です。fc2blogが緊急メンテナンスで尻切れになってしまいました。
線量計の感度についてはβ(ベータ)線ははかる?はからない?という記事で書きましたが、より詳しく説明しているサイトがあります。線量計の感度シミュレーションツールがありますので個人で線量計をお持ちの方は是非試してみてください。


以前の記事で案内しましたが7月28日、29日にかけて花見川区内(みはる野、こてはし、畑、瑞穂、宮野木、柏井など)の放射線測定を行いました。現在結果を取りまとめていますので数日後に公開できると思います。
Twitterなどで御存知の方も入ると思いますが29日前後に空間線量が増加し、一部では「あらたな放出か?」と疑われたようです。
【各地の放射線量】(7月29日)関東で上昇目立つ
調べている最中なので明確な事は言えませんが今回は降雨によるものらしいという感触は得ています。
神奈川県放射線モニター久里浜
神奈川県放射線モニタリングシステム

大日町の日本分析センターや千葉県、つくばの産総研のデーターでは大きな差異は見受けられませんが、今回の測定結果が多少なりとも「かさ上げ」されたのは間違いないと思います。本当は系列の違う過去のデーターと比較するには継続的な測定が必要なのですが現状では定点観測どころか測定ポイントが全然足りません。
今回の測定にも地元の住民の方が参加し協力していただきましたが、「行政がやってくれないなら自分で測りたい」という声を沢山聞きました。

個人ベースの安価な線量計を

radiation-watch.org が非営利事業としてスマートフォンに接続できる個人用の安価な線量計の開発を目指しているそうです。検出部はフォトダイオードなので感度はそれなりですが、三重大学の奥村先生が構想していたように多数の人が位置情報とともに「0.17μなう」とつぶやけばリアルタイムの広域マップやグラフが出来てしまうという事です。
ソーシャル資金調達サイト「Kickstarter」のプロジェクトページで開発資金を募っています。
radiation-watch.orgのサイトを見ると量産試作品やフィールド実証試験、iPhone用のアプリの開発など大いに期待がもてます。是非実用化していただきたいとと思います。

もう一つ消臭剤や殺虫剤のメーカであるはエステー化学が個人向けの線量計を発売するそうです。
プレスリリースによると希望小売価格は、税込み15,750円でドラッグストアやホームセンターで販売するほかネット通販も受け付けるようです。(10月20日発売予定)
この発表の後エステー化学の株がストップ高になったそうです。
エステー化学 「御用学者や企業が原発事故を食い物にしている」と怒る人もいるかもしれませんが、機械ですから要は中身です。
検出部はradiation-watch.org と同じフォトダイオードのようです。10万近くで販売されている外国製の線量計の中にもかなり問題のあるものも含まれているというのは周知のことですし、量産すれば単価が下がるのは単純な経済原理です。(ウクライナ製の線量計も現地ではホームセンターで売っているそうです。)

現物を見ていないうちからあれこれ評論するのはなんですが、「情報」というコンセプトについてはradiation-watch.orgが圧倒的に優れていると思います。エステー化学も冊子を一冊で解決とは思っていないでしょうが、ユーザーグループが出来てノウハウを交換し合うコミニィティが出来ないと企業だけだとサポートは難しいと思います。


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://protectchildren311.blog.fc2.com/tb.php/105-ad5551fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。