子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる松戸市坂川流域の放射線量マップ(3) 利根川河川敷・ふれあい松戸川

前回の松戸市内(坂川、六間川流域)と今回記事の江戸川河川敷の全体図を以下に示します。(白四角の範囲が前回分)
NN20150715_matsudo.jpg
都市部は原発事故後4年経過し0.1μqSv/h(50cm)を下回る範囲の一定の広がりを確認できますが、河川敷は雨水による放射性降下物の移動(拡散/濃縮)-低減効果があまり期待できないためか相対的に線量は高めです。(市川市、三郷市と同傾向)

国交省による案内看板 今回の調査はこの「エコロード」をトレースしていますが、一部健康的でない部位もありました。
eco-load.jpg
マップの数値は地表50cmの放射線量を歩行しながら連続して記録し、その5秒毎の平均値をマーカー位置に表示しています。(また任意のポイントで静止し5cm、50cm、100cmでの15秒間の平均値を記録しています。)

GoogleEarth用のKMZファイルとWebブラウザからマップを参照するためのGFT版マップについて前回の松戸市内と統合したファイルを作成しました。
2015年07月15日_松戸市坂川・六間川-江戸川河川敷.kmz

HSFによる松戸市江戸川河川敷の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図でHSFによる松戸市江戸川河川敷の放射線量マップを見る

歩行測定の他静止して平均値を測定したポイントをGoogleマップにまとめました。(マーカーをクリックするとポイントの5,50,100cmの線量率を表示します)

大きな地図で2015年07月15日平均値ポイントマップを見る

以下代表的な区間の説明を行いますが各範囲の全体での位置関係を下図に示します。
NN20150715_edogawa.jpg

1)古ヶ崎浄水機場周辺
下写真奥が江戸川河川敷スポーツ広場
IMG_2120.jpg
浄水機場放水路周辺(全体図①)
B01.png
5cm:0.69μSv/h 50cm:0.31μSv/h 100cm:0.24μSv/h
20150715_114438.jpg
人工物との境界で強い濃縮が確認されています。

坂川放水路と可動堰(写真奥が江戸川)
IMG_2129.jpg
放水路左岸 釣り人しか足を踏み入れない草地ですがわずかな踏みあとを頼りにヤブこぎしました。
B01a.jpg

国交省による案内看板(画像をクリックすると拡大します
曝気(微生物)による有機物の分解・浄化が目的で放射性物質の除去は当然想定外です。
kogasaki_info.jpg
礫層上部は覆土されゲートボール場として利用されていました。
IMG_2121.jpg

河川敷スポーツ広場と周辺車道(全体図②)
B000.png
5cm:0.43μSv/h 50cm:0.22μSv/h 100cm:0.16μSv/h
20150715_112622.jpg
4年経過しても草地-舗装境界で連続して0.2μSv/h(50cm)を超える範囲が連続していました。

2)ふれあい松戸川(ビオトープ)
前項の浄化槽の終端(開渠)がふれあい松戸川に接続しています。
B02.png
ふれあい松戸川(ビオトープ)周辺(全体図③)
B01.jpg
木道上は0.1μSv/h(50cm)を切っていますが、入口近くの草地で比較的強い濃縮が認められました。
5cm:0.38μSv/h 50cm:0.27μSv/h 100cm:0.22μSv/h
20150715_131107.jpg
同箇所 人工物(簡易舗装)との境界ですが非常に局所的で濃縮のメカニズムが良く判りません。
imag_062.jpg

周辺をスキャンして濃縮が生じていないと思われる平坦な草地で300秒間の平均値とスペクトル(直置き)を測定し土壌を採取しました。
直置き:0.24μSv/h 50cm:0.18μSv/h 100cm:0.15μSv/h
20150715_125204.jpg
前々回の坂川広場と同様、人工的に造成された河川敷のため地表数センチ下は礫層で、いわゆる「5cm採取」ではありません。
EMF211で測定した土壌放射能濃度は以下の通りです。
Cs137:2600Bq/kg Cs134:700Bq/kg Cs合計:3300Bq/kg(存在比 0.27)
ふれあい松戸川
放射性降下物は地表数センチの土壌にとどまり礫層まで浸透していないのかもしれません。

国交省による案内看板(画像をクリックすると拡大します
hureai.jpg


3)樋古根川(六間川)河口付近(全体図④)
B02.jpg
上流側から見た同箇所
imag_063.jpg
同箇所についてはふれあい松戸川と同様に濃縮のない草地中央で300秒間の平均値とスペクトルを測定しました。
直置き:0.13μSv/h 50cm:0.12μSv/h 100cm:0.11μSv/h
20150715_132954.jpg

さらに「川の一里塚」(江戸川堰堤最上段)付近で同様に記録したスペクトルとふれあい松戸川草地(土壌採取箇所)のスペクトルを比較してみました。
直置き:0.14μSv/h 50cm:0.13μSv/h 100cm:0.12μSv/h
20150715_110521.jpg

matsudo_edogawa-Spectra.jpg
自然核種(K40) の関与はコンプトン散乱分も含めほぼ同等でセシウムのピーク面積と線量率が比例関係にある事が判ります。
なお上記データーをタブ区切りテキストに変換したファイルを公開しますので興味のある方はTeleminoMCAやFizPeaksNaIなどで利用してみてください。
HSF_2015年07月15日.txt

〈関連記事〉
HSFによる松戸市坂川流域の放射線量マップ(2) 坂川・六間川
HSFによる松戸市坂川流域の放射線量マップ(1) 坂川広場周辺
HSFによる三郷市周辺の放射線量マップ(2)長戸呂、新和運動公園(江戸川河川敷)
HSFによる三郷市周辺の放射線量マップ(1)葛飾区東金町運動場(水元公園)
HSFによるJR三郷駅周辺と江戸川運動公園の放射線量マップ(1)
HSFによるJR三郷駅周辺と江戸川運動公園の放射線量マップ(2)
HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(2)江戸川河川敷
HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(1)坂川流域
HSFによる江戸川区篠崎公園周辺の放射線量マップ


スポンサーサイト

HSFによる松戸市坂川流域の放射線量マップ(2) 坂川・六間川

梅雨の長雨で間が空きましたが、前回の松戸市坂川流域の調査につづき六間川、利根川河川敷(ふれあい松戸川)周辺をHSFで測定しました。(前回、今回の調査範囲を下図に赤枠で示します。)
松戸河川マップ02a
今回の松戸市内(坂川、六間川)の測定マップ全体図と以下紹介する個別ポイントの位置を下図に示します。(北を45度程度傾けて表示しています)
ANN20150715_matsudo_01.jpg
測定条件は地表50cmの放射線量を歩行しながら連続して記録し、その5秒毎の平均値をマーカー位置に表示しています。(それ以外に任意のポイントで静止し5cm、50cm、100cmでの15秒間の平均値を記録しています。)

GoogleEarth用のKMZファイルとWebブラウザからマップを参照するためのGFT版マップの両方を作成しました。

2015年07月15日_松戸市坂川-六間川.kmz


HSFによる松戸市坂川-六間川の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図でHSFによる松戸市坂川-六間川周辺の放射線量マップを見る



1)古ヶ崎五
叉路(合川橋)付近(全体図①) 画像をクリックすると拡大します。
A1_201507162055549dc.jpg
合川橋上から見た坂川-合川橋合流付近
IMG_2100.jpg
松戸市内の河川は坂川広場など一部を除き水辺に降りる事は出来ませんが、今回調査範囲で唯一可能なのが古ヶ崎五叉路(合川橋)付近の河川敷です。
IMG_2101.jpg
ただし一般に公開されているわけではなく、誰が何のために設置したか不明ですがはしごが設置されていて水辺に降りることが出来るという話です。(堰堤とフェンスの間に「隙間」があり集合住宅の敷地には立ち入っていません)
水辺 5cm:0.34μSv/h 50cm:0.23μSv/h  100cm:0.18μSv/h 
 20150715_101611.jpg
前回の坂川広場と 比較すると低めですが、1mでも0.18μSv/h程度とそれなりの汚染が認められます。


2)根本交差点根本橋付近(全体図②) 画像をクリックすると拡大します。
A0.jpg
根本橋上からの坂川合流付近
IMG_2090.jpg
このあたりは柵があり水辺には近づけないので川の周囲を測定しています。
ホテル前の川沿い植栽
IMG_2088.jpg
5cm:0.72μSv/h 50cm:0.33μSv/h  100cm:0.25μSv/h
20150715_094047.jpg
平根橋から坂川(下写真は平根橋から見た坂川北側、護岸のヘリに民家や駐車場が接しているため川辺に近づけず大きく迂回するしかありません。

3)松戸市根本駐車場脇側溝(全体図③)
A7.jpg
坂川沿いの駐車場脇、側溝土の上にスギゴケ?が密生
IMG_2084.jpg
5cm:0.95μSv/h 50cm:0.31μSv/h  100cm:0.21μSv/h
IMG_2083.jpg
 
4)六間川桜並木(全体図④)
A9.jpg
坂川と同様に水辺に降りられませんが、柵に近づくと若干線量が上昇します。(対岸は大型スーパーストア)
IMG_2110_2015071812170654f.jpg

六間川川辺(全体図⑤)

A8.jpg
川辺の植栽 5cm:0.41μSv/h 50cm:0.21μSv/h  100cm:0.16μSv/h
IMG_2113.jpg

六間川川辺(全体図⑥)六間橋周辺
A6.jpg
車道脇堆積土 5cm:0.35μSv/h 50cm:0.21μSv/h  100cm:0.17μSv/h
20150715_105207.jpg

利根川河川敷(ふれあい松戸川)については別記事とします。

〈関連記事〉
HSFによる松戸市坂川流域の放射線量マップ(1) 坂川広場周辺
HSFによる流山市坂川流域の放射線量マップ(3)松戸市上富士川
HSFによる流山市坂川流域の放射線量マップ(2)流山市富士川-松戸市北小金駅
HSFによる流山市坂川流域の放射線量マップ(1)豊四季駅-野々下水辺公園
HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(2)江戸川河川敷
HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(1)坂川流域
HSFによる松戸市国分川流域の放射線量マップ(2)
HSFによる松戸市国分川流域の放射線量マップ(1)



HSFによる松戸市坂川流域の放射線量マップ(1) 坂川広場周辺

最下段の〈関連記事〉に示しましたが、この間柏市大堀川をはじめ東葛、三郷の河川周辺をHSF(ホットスポットファインダー)で測定しマップを公開してきました。今後は松戸、流山市内の坂川周辺を測定していく予定ですが、今回は松戸市中心部の坂川広場(伊勢丹裏)と坂川流域を測定しました。
坂川は国交省江戸川河川事務所の所管ですがHPを見ると自然観察路を兼ねたスポットが幾つか紹介されています。

国交省江戸川河川事務所HP 江戸川・坂川の主なスポット(マップ)

下左図は上記HPから転載したものですが、松戸市内は思いの外多くの河川が存在していることが判ります。右下図のGoogleMapは松戸市内の主な河川と今回調査範囲(赤四角)を示します。
sakagawa.jpg 20150627c3.jpg
今回の調査範囲の全体図を示します。(表示の都合で北方向を右90度程度傾けています)
matsudo_00C.jpg  
マップの測定条件は全て検出器高さ50cmの連続歩行、5秒毎の平均をマーカー位置に表示しています。 (それ以外に任意のポイントで静止し5cm、50cm、100cmでの15秒間の平均値を記録しています。)

GoogleEarth用のKMZファイルとWebブラウザからマップを参照するためのGFT版マップの両方を作成しました。
2015年06月24日_松戸市坂川-坂川広場.kmz


HSFによる松戸市坂川-坂川広場周辺の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図で HSFによる松戸市坂川-坂川広場周辺の放射線量マップ を見る

坂川はほぼ全域が人工護岸で立入りできませんが一部水辺に降りられる河川敷があります。(下写真は一平橋から見た坂川下流側)
IMG_1938.jpg

1)坂川広場
全体図①  画像をクリックすると拡大します。
matsudo_02A.jpg  
下写真は国交省江戸川河川事務所HPより転載
000025192.jpg
松戸駅西口から徒歩5分程度の親水公園ですが、国交省HPによると河川敷といっても人工的に造成したもののようです。
(下写真は左岸(西側)から俯瞰した坂川広場)
IMG_1946_201506302240343b7.jpg
水辺に降り写真右側(左岸上流側)の河川敷を遡行しました。多少足元がぬかぬみますが草も刈られ充分歩けるスペースがあります。
IMG_1952.jpg
右岸水辺 5cm:0.54μSv/h  50cm:0.37μSv/h 100cm:0.29μSv/h
IMG_1948.jpg

右岸の河川敷に検出器を直置きして300秒間の平均値とスペクトルを採取しました。
直置き:0.3μSv/h 50cm:0.24μSv/h 100cm:0.21μSv/h
20150624_121212.jpg

スペクトル測定ポイントを中心に土壌を採取してEMF211で放射能濃度を測定しました。(前述のように地表2~3㎝下は造成時の砂利の層で「5cm採取」ではありませんが65倍して平米換算するわけではないので良しとします)
Cs合算:2700Bq/kg(134/137存在比≒0.27)
坂川広場右岸
雨水で濃縮した土壌は地表に沈着したままの放射性降下物とは動態が異なりますが、単純に物理的半減だけで考えると2011年5月時点で5000Bq/kg超と推定されます。

全体図②  画像をクリックすると拡大します。
matsudo_02B.jpg
 右岸側の階段、水辺に降りて散策出来るようになっています。(左岸側から撮影)
IMG_1947.jpg
右岸水辺
5cm:0.41μSv/h 50cm:0.31μSv/h 100cm:0.22μSv/h
IMG_1964.jpg

2)松戸神社周辺
全体図①  画像をクリックすると拡大します。
matsudo_03C.jpg  
下写真は国交省江戸川河川事務所HPより転載
000025210.jpg
松戸神社(写真右上方向)付近の河川敷、と言っても人工護岸にそって砕石を敷設した歩廊で足元はしっかりしています。直線部で泥土の堆積が少いためか0.2μSv/h(50cm)を超えるポイントはありませんでした。
IMG_1958.jpg
汚染源については直近の周辺車道からの流れ込み、または上流域からの移動のいずれか判断がつきませんが、以上の結果から比較的高い土壌汚染(滞留)が生じている範囲は春雨橋を起点にしたカギ型の範囲(坂川広場)と推定されます。

土手上の道路上の方が水辺より線量は高めで、いくつかマイクロスポットを発見しました。
土手上の車道脇植栽 5cm:0.52μSv/h 
IMG_1960.jpg
同箇所のHSF画面キャプチャー 1m:0.23μSv/h (50cm:0.32μSv/h )
 20150624_115908.jpg
同箇所遠景
IMG_1961.jpg

松戸神社参道脇植栽
5cm:0.49μSv/h 50cm:0.24μSv/h 100cm:0.17μSv/h
IMG_1984.jpg
同箇所 遠景
IMG_1985.jpg

3)めがね橋(小山樋門橋)手前河川敷
全体図④  画像をクリックすると拡大します。
matsudo_04.jpg
看板の裏から河川敷に降りられる小道があります。
IMG_1977.jpg
形状的には「坂川広場」と同じ河川の湾曲部の河川敷ですが、坂川広場ほど線量は上がりません。
河川敷草地 5cm:0.23μSv/h 50cm:0.14μSv/h 100cm:0.12μSv/h
20150624_123633B.jpg  
 
4)利根川堰堤
全体図⑤  画像をクリックすると拡大します。
matsudo_05.jpg
平均的な周辺線量は三郷市側と大差ありませんが舗装境界での強い濃縮は認められませんでした。
対岸は東金町運動場と金町ポンプ場
IMG_1981.jpg
歩道脇の草地に検出器を直置きして300秒間の平均値とスペクトルを測定しました。
20150624_125452.jpg

〈関連記事〉
HSFによる流山市坂川流域の放射線量マップ(2)流山市富士川-松戸市北小金駅
HSFによる流山市坂川流域の放射線量マップ(3)松戸市上富士川
HSFによる三郷市周辺の放射線量マップ(2)長戸呂、新和運動公園(江戸川河川敷)
HSFによる三郷市周辺の放射線量マップ(1)葛飾区東金町運動場(水元公園)
HSFによるJR三郷駅周辺と江戸川運動公園の放射線量マップ(1)
HSFによるJR三郷駅周辺と江戸川運動公園の放射線量マップ(2)
HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(1)坂川流域

HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(2)江戸川河川敷
HSFによる松戸市国分川流域の放射線量マップ(1)
HSFによる松戸市国分川流域の放射線量マップ(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。