子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる三郷市周辺の放射線量マップ(4)第二大場川―中川―戸ヶ崎みなみ公園

放射性廃棄物最終処分場に反対するちば市民の会のブログが立ち上がったこともあり、今後蘇我最終処分場の情報はそちらに集約して、HSFによる測定データーの公開を再開していきます。

今回は三郷放水路以南の下第二大場川―二郷半用水―中川河川敷―戸ヶ崎みなみ公園のルートを測定しました。
misato_00S.jpg
測定条件は全て検出器高さ50cmの連続歩行、5秒毎の平均をマーカー位置に表示しています。
GoogleEarth表示用KMZファイルは以下のリンクからご利用いただけます。

2015年05月25日_三郷市第二大場川.kmz


googleEarthを使用せず直接ブラウザでマップを参照するには以下のGoogleFusionTables版をご利用下さい。(フレーム下のリンクをクリックすると全画面表示します)

HSFによる三郷周辺の放射線量マップ(GFT版)

HSFによる三郷市第二大場川―戸ヶ崎周辺の放射線量マップを見る

以下経路順の測定結果の詳細です。

1)三郷放水路-下大場川合流付近

以下測定部位事のGoogleEarthの拡大画像を示しますが、全体の位置関係は最上段の全体図からご確認下さい。
画像をクリックすると拡大します
misato_01_20150528121747311.jpg
堰堤上の線量は前回測定の北側(画像上側)とほぼ同じですが、一部強い濃縮が認められます。
HSF画面キャプチャー 5cm:0.37μSv/h 50cm:0.3μSv/h 100cm:0.21μSv/h
20150525_110619.jpg
 
2)第二大場川-外環道高架交差地点付近
画像をクリックすると拡大します
misato_02_20150528121748812.jpg
大場川の堰堤沿いは外環道との交差部分は通り抜けできず大回りしましたが、引き返す途中でピンポイントのスポットを発見しました。
5cm:0.68μSv/h 50cm:0.47μSv/h 100cm:0.33μSv/h
20150525_112713.jpg
外環道(橋上)から見た同箇所、線量の高い範囲が非常に狭く濃縮のメカニズムが不明ですがスペクトルを見るとラジウム等RIの不法投棄ではなく福島原発由来の放射性セシウムであることが判ります。
IMG_1690.jpg

3)下第二大場川(前川中学校付近)
画像をクリックすると拡大します
misato_03n.jpg  
川沿いの歩道の路肩で部分的に線量が上がります(上図A)が、水際に近づいた方(上図B)が線量がやや低いことから河川自体の汚染はそれほどではないかもしれません。

4)下大場川―二郷半用水分岐点付近
画像をクリックすると拡大します
misato_05nA.jpg  
下大場川(画面下)と二郷半用水との合流点付近、二郷半用水は周辺が親水公園風に整備されています。
IMG_1701.jpg
周辺の草地に検出器を直置きして300秒間の平均値とスペクトルを測定しました。
直置き(0㎝):0.15μSv/h 50㎝:0.12μSv/h
20150525_120942A.jpg  
下図は同箇所で採取した土壌(5㎝採取)の放射能濃度をEMF211スペクトロメーター測定した結果です。
約850Bq/kgと前回の江戸川河川敷(長戸呂運動公園)の1/2強ですが、事後的な濃縮がないものとして物理的半減から逆算すると2011年5月時点で1400Bq/kg程度の濃度だったと推定されます。
ooba_rv_Spectra.jpg

5)中川(戸ヶ崎1丁目付近)
画像をクリックすると拡大します
misato_04_20150529134704214.jpg
中川の三郷市側は水辺には降りられないため堰堤の歩道を測定していますが江戸川(三郷市東部)と比較すると線量は低めです。(一部芝の張替えも行われているようで人為的な影響により低下した可能性もあります。)
IMG_1707.jpg

6)戸ヶ崎みなみ公園  
画像をクリックすると拡大します
misato_06.jpg
戸ヶ崎みなみ公園は2011年9月の「みさと守る会(SCR)の測定で0.26~0.28μSv/h(1m)という結果が残っており、除染対象となったようです。公園内は山砂で覆われ、植栽際の吹き溜まりで若干上昇する以外は0.1μSv/h以下に収まっています。
IMG_1710.jpg
公園南西角地にある盛り土、除染で剥いだ表土が埋設されていると思われます。
IMG_1709.jpg
二郷半用水と同様に盛土の近くの植栽に検出器を直置きして300秒間の平均値とスペクトルを採取しました。(直置き:0.12μSv/h 50cm:0.10μSv/h)
下図はHSFで記録したCSVファイルから2ヶ所のスペクトルを抜き出して比較したものです。
misato_0525SpectraA.jpg  
両者とも自然核種(K40)のピークが比較的明瞭で周辺線量に対する影響が認められますが、同時に原発事故後4年経過していますが福島原発由来のCs134、137のピークも確認できます。

三郷市はかつて中川、江戸川の中間に位置する水利に恵まれた水田地帯だったようです。近年の開発により住宅、大型店舗、配送センターが建設され急激に都市化した地域ですが、自然護岸の水路や用水が多く残されています。
ただし、大堀川(柏)や国分川(松戸、市川)のように都市部の雨水が大量に流れ込む構造ではないためか今回調査した範囲では極端な濃縮による周辺線量の上昇は確認されませんでした。

(関連記事)
HSFによる三郷市周辺の放射線量マップ(3)三郷市街地(三郷放水路-栄調節池-におどり公園)
 HSFによる三郷市周辺の放射線量マップ(2)長戸呂、新和運動公園(江戸川河川敷)


スポンサーサイト

指定廃棄物最終処分場を考える塩谷町シンポジウムに参加しました。

まもる会ちばのメンバーの鈴木明子さんから14日に栃木県塩谷町で開催された住民シンポジウムに参加したレポートと写真をいただきましたので紹介します。


指定廃棄物最終処分場を考える塩谷町シンポジウムに参加して

14日環境省の栃木県への説明会があり、その時間に合わせて塩谷町民指定廃棄靴最終処分場反対同盟会がシンポジウムが介されると聞き参加しました。

昨年7月30日に塩谷町が候補予定地と決定されると、8月7日には塩谷町民指定廃棄物最終処分場反対同盟会結成。塩谷町役場には、指定廃棄物処理場対策班が設けられ3人の職員が配置されているそうです。(全職員数125名)そして反対同盟会の後援となっているとのこと。
FullSizeRender (12)
車が塩谷町へ入ると、反対旗・看板がずらり。個人宅の軒先にも!
FullSizeRender (10)

シンポジウムは平日の6時半からの開催。1000人規模と聞いてはいたのですが、開場間もなく、人・人・人。みな布団や、簡易椅子をもっている。最終的には1100名ほど参加し、200名ほどは外のスクリーン参加になったそうです。(塩屋町の人口は1万2千人!)
一方環境省の説明会には170名ほどの参加しかなかったそうです。
FullSizeRender (11)
シンポジウムは、しっかりとした知識を持つためのもので、原子力市民委員会座長の吉岡斉さんの講演は、疑問に答えてくれるものでした。

「原子力事故の被害は、他の事故とは異次元の被害をもたらす

「原発復活政策がとられている。達成可能な範囲で、できるだけ多くの原発再稼働の実現を目指している

特措法(放射性物質汚染対策特別措置法)は悪法である汚染者を免責し、国民・住民のみに負担を押し付けるもの」

「国策としていったん決めた方針は、国民や立地地域の住民の意向がどうあれブルドーザーのように突進するように進めていくやり方は、地域の存在を左右するほどの大きな影響を与えかねない」

「福島県外に飛び散った事故廃棄物の早期処理・処分は、放射性廃棄物を隠して見えなくする政府の原発復活政策の重要な要素であり、その処分場受け入れは、原発復活計画への国策協力になる。」

と議論を進めたうえで、
1 塩谷町の白紙撤回という結論は妥当
2 立地場所の決定は、第三者を仲介人とする加害者と被害者との協議にゆだねられるべき。被害者の意志は尊重されるべき。栃木県民は純粋に被害者である。被害者同士がいがみ合ってはいけない。
3 県別処理という基本政策の見直しは必須。国家政策を改めなければ、塩谷町が最終処分場を免れたとしても他の場所で同様のことが繰り返される。塩谷町の抵抗が、国家政策見直しの契機となる。

イヌブナ自然林保護の立場から、宇都宮大学の谷本丈夫さんが、地域全体を守る必要性を発言。
湧水の専門家島野安雄さんは、
地下水は河川とは違う流れをしており、川下だけでなく地図上の南にあたる地域の地下水が汚染される。と警鐘をならしました。
関口鉄夫氏は、作ろうとしている最終処分場は処分量以上の過大施設ではないか、と指摘していました。

農家の1トントラック等で集まったおじさん、おばさんたちが皆さん最後まで熱心に聞いていました。候補予定地の調査が行われないように監視活動を続けながらも、こういうシンポジウムを開き、正確な知識を持っていくことが反対運動をより強固なものにするのだと思いました。
FullSizeRender.jpg
いろいろと千葉市の問題を考えるうえで、参考となる塩谷町でした。
塩谷町と千葉では違い過ぎるような気がするのですが、一丸となって反対していくことができる、何か、を早くみつけなければ。

IMG_1258.jpg
尚仁沢湧水の里、近くまで行ってきました。自然にあふれた、素晴らしいところです。
地域のみなさんが、ここに作らせたくない気と思うのは当然です。(鈴木明子)

HSFによる三郷市周辺の放射線量マップ(3)三郷市街地(三郷放水路-栄調節池-におどり公園)

前回の江戸川河川敷に引き続き三郷市市街地(つくばEX三郷中央駅)のHSF歩行測定結果です。
全体の行程を下図のように分割してGoogleEarthの出力画像を拡大して表示しています。
河川敷ほどではありませんが原発事故後4年経過しても公園、市街地で0.1μSv/h(50㎝)を下回る範囲はさほど広くないようです。
三郷市放射能対策室
除染前の三郷市内の放射線量マップ(平成23年9月~11月頃)
misato_central.jpg
①におどり公園―三郷中央駅 画像をクリックすると拡大します
misato_c_01.jpg

②堺調節池(多目的広場)と三郷中央4号公園(右側) 画像をクリックすると拡大します
misato_c_02.jpg
測定条件は全て検出器高さ50cmの連続歩行、5秒毎の平均をマーカー位置に表示しています。

HSFによる三郷中央駅周辺の放射線量マップ(GFT版)

大きい地図で三郷中央駅周辺の放射線量マップを見る

1)におどり公園

除染の結果?草地の線量は0.1μSv/h前後となっていますが、一部強い濃縮によるマイクロスポットが確認されました。なお、三郷中央駅周辺の道路で0.2μSv/hを超えるポイントは植栽に集積した放射性降下物の影響だろうと推定しています。
niodori_02.jpg
下図の赤線で示した範囲で線量が上昇しているのは水色の線で示した雨水の流れにより放射性降下物が敷石と草地との境界で捕捉された為と思われます。
IMG_1600.jpg
敷石の自然放射能の影響を確認するため、検出器を直置きしてスペクトルを確認しました。(上写真白丸内が検出器
直置き:0.41Sv/h 50㎝:0.30μSv/h 100㎝:0.22μSv/h
20150509_142854.jpg
同箇所のスペクトル拡大図(片対数表示)
niodori_spectra.jpg
縁石の花崗岩の影響かIMeV以上の帯域がざわついていますが周辺線量への寄与はそれほど強くないようです。

2)栄調節池多目的広場

IMG_1587.jpg
調節池内部への立ち入りできませんが、周辺を測定した結果では(水面とはかなりの高低差がありますが)それほど線量が高くなさそうです。
舗装境界には濃縮が認められますが広場自体は除染?の効果か直置きで0.1μSv/hを切っています。
直置き:0.08Sv/h 50㎝:0.07μSv/h 100㎝:0.07μSv/h
20150509_135115.jpg

3)三郷中央4号公園
三郷中央4号公園は榮調節池と第二大場川を挟んで東側にあります。
IMG_1590.jpg
におどり公園より範囲は狭いものの同様な舗装-草地境界での濃縮が認められました。
4th_pk.jpg
5㎝:0.35μSv/h 50㎝:0.23μSv/h 100㎝:0.17μSv/h
IMG_1588.jpg
草地自体の線量も栄調節池より高めですが原因はよく判りません。
20150509_133305.jpg

4)三郷放水路
側道
下写真右側が放水路側道、放水路は人工護岸で水辺には降りられません(写真奥は外環自動車道)
IMG_1584.jpg
③三郷放水路側道 画像をクリックすると拡大します
misato_c_03.jpg
水辺でもさほど線量が下がらないのは周辺の植栽の影響を受けている為かもしれません。
直置き:0.22Sv/h 50㎝:0.16μSv/h 100㎝:0.12μSv/h
20150509_125255.jpg

5)大場川沿道
当日は結構水位が上がっていましたが、このくらいは普通なのでしょうか?
IMG_1581.jpg
④大場川沿道 画像をクリックすると拡大します
misato_c_04.jpg
ベースラインも高めですが局所的に線量が上がる(0.2μSv/h前後)のは堆積土の影響ではないかと思います。
IMG_1579.jpg

最後に各ポイントで測定した300秒間のスペクトルを比較できるようにまとめました。
misato_spectra.jpg

〈関連記事〉
HSFによる三郷市周辺の放射線量マップ(2)長戸呂、新和運動公園(江戸川河川敷)

HSFによる三郷市周辺の放射線量マップ(2)長戸呂、新和運動公園(江戸川河川敷)

千葉市最終処分場問題が持ち上がり足元に火がついていますが、HSFによる測定は時間の許す範囲で継続していく予定です。
前回の東金町運動場(葛飾区)から北上した三郷市南部の長戸呂運動公園を始点に三郷中央駅(つくばEX)までの歩行測定を行いました。

調査範囲の内、江戸川河川敷については下図の様に分割してGoogleEarthのキャプチャー画像を表示しています。(表示の都合で画面上が東、左が北と画像を回転しています)
misato_0509NN.jpg
①江戸川河川敷(長戸呂運動公園)    画像をクリックすると拡大します
misato_0509-1.jpg
②江戸川河川敷(新和運動公園)     画像をクリックすると拡大します
misato_0509-2.jpg
③江戸川河川敷(新和2丁目付近)      画像をクリックすると拡大します
misato_0509-3.jpg
測定条件は高さ50cmでの連続歩行、5秒毎の平均をマーカー位置に表示しています。
全ての測定値をまとめたGoogleEarth用KMZファイルを作成しましたので以下のリンクからご利用下さい。

2015年05月09日_三郷市三郷中央駅周辺.kmz

ブラウザでマップを参照するには以下のGoogleFusionTables版を拡大してご覧下さい。(マーカーをクリックするとバルーンに数値を表示します。)

大きな地図で三郷市長戸呂運動公園~新和運動公園の放射線量マップを見る

1)長戸呂運動公園
堰堤上から見た江戸川と長戸呂運動公園(右手奥)、名前は大層ですが「Field of Dreams」に出てくるような草野球場です。
IMG_1555.jpg
周辺の河川敷と舗装道路との境界の堆積土ではそれなりの濃縮が生じて周辺線量を押し上げている様に見えます。
IMG_1553.jpg
同箇所HSF画面キャプチャー 5cm:0.25μSv/h  50cm:0.19μSv/h 100cm:0.18μSv/h
20150509_101940.jpg
堰堤のコンクリート法面下で雨水に依る強い濃縮が生じているのは、これまでの荒川、中川での測定結果と同傾向です。
nagatoro_01.jpg
局所的な濃縮がないグランド脇の平坦な草地に検出器を直置きして300秒間の平均値とスペクトルを測定しました。
直置き0.19μSv/h  50cm:0.18μSv/h  100cm:0.17μSv/h
20150509_105317.jpg
HSFの画面だけではわかりにくいので保存されたcsvファイルから同箇所のγ線スペクトルを描画してみました。(片対数表示)自然核種の周辺線量への関与は小さく放射性セシウムの影響が支配的に見えます。
nagatoro_spectra.jpg
なおHSF標準出力フォーマットのCSVファイルを公開しますので興味のある方はご利用下さい。
2015年05月09日.csv
比較のため同箇所周辺の土壌を採取(5cm採取)し放射能濃度を測定しました。
Cs137: 1170 Cs134:330 Cs合計:1500Bq/kg
nagatoro_soil.jpg
やはりトリウム系列など自然核種の明瞭なピークは見当たりません。

2)新和運動公園
長戸呂運動公園と同じ河川敷の野球グランドと草地の広場です。
IMG_1561.jpg
入口付近の草地
5cm:0.34μSv/h  50cm:0.22μSv/h  100cm:0.19μSv/h
IMG_1560.jpg
ちなみに長戸呂運動公園~新和運動公園の間はサンケイスポーツセンターが国交省から専有許可をを受け社会人野球や企業向けイベント会場として運営している有償施設で今回の調査では立ち入りは控えました。
IMG_1567.jpg
新和運動公園(左)との境界にある空き地はサンケイスポーツセンター利用者のための駐車場で、周辺道路で砂利で再舗装されている範囲は線量が周辺より2分の1程度です。
sinwa_01.jpg

3)新和2丁目周辺河川敷
江戸川対岸のライトブルーの水門は国交省松戸排水機場
IMG_1571.jpg
この辺りは堰堤上の舗装道路(サイクリングロード?)を歩きましたが、草地との境界で強い濃縮が認められました。
 sinwa_02.jpg
堰堤上の舗装道路は河川敷側に緩い水勾配がついていること、道幅が狭くなる範囲では低下することから道路幅(面積)の影響が大きいと推定されます。
IMG_1569.jpg
コンクリート法面下の線量も今回範囲のうち最も高い数値となっており河川敷の土壌測定結果と合わせて考えるとが、事故当時の降下量は相当なものだったかもしれません。
5cm:1.25μSv/h  50cm:0.52μSv/h 100cm:0.41μSv/h
IMG_1574.jpg
同箇所遠景 幸いに?荒川、中川とは異なり河川敷自体の面積が大きいので、人が通行したり長時間滞留する場所ではないようです。
IMG_1575.jpg

〈関連記事〉
HSFによる三郷市周辺の放射線量マップ(1)葛飾区東金町運動場(水元公園)
HSFによるJR三郷駅周辺と江戸川運動公園の放射線量マップ(1)
HSFによるJR三郷駅周辺と江戸川運動公園の放射線量マップ(2)
HSFによる三郷市みさと公園周辺の放射線量マップ(1)
HSFによる三郷市みさと公園周辺の放射線量マップ(2)
HSFによる葛飾区高砂(中川河川敷)周辺の放射線量マップ
HSFによる足立区「荒川千住新橋緑地」の放射線量マップ
HSFによる足立区「荒川日ノ出町緑地」の放射線量マップ
HSFによる江戸川区荒川河川敷(平井大橋)周辺の放射線量マップ
HSFによる墨田区鐘ヶ淵周辺の放射線量マップ(2)四ツ木橋緑地
HSFによる墨田区鐘ヶ淵周辺の放射線量マップ(1)東白鬚公園
HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(2)江戸川河川敷
HSFによる松戸市矢切周辺の放射線量マップ(1)坂川流域

放射性廃棄物最終処分場に反対する千葉市の住民団体設立を目指します

4月30日に千葉市長、市議会議長宛「高濃度放射性廃棄物の最終処分場受け入れに反対する申入書」を提出した2団体(まもる会ちば、甲状腺検診ちばの会)がメーリングリストなどで呼びかけ5月7日に23名が参加し「ちば市民測定室しらベル」で話し合いの場をもちました。
会合には「千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会」会長の半澤勝男さん、事務局長の藤原寿和さんもご参加いただきました。
IMG_1545S.jpg
参加者からは

・環境省は候補地の選定にあたって5000ヶ所を精査したと言っているが「自然災害の恐れのある地域を除外」としながら蘇我地区は行政のハザードマップで揺れ、液状化とも懸念される地域で、「水源との近接状況」を項目として挙げながら湾岸部に設置するなどながら選定理由に合理性がない。
・市町村長会議(4回開催)の他に部課長会議が開催されているが内容は非公開でなど、経過が不透明。
・千葉市が現在保管している8000Bq/kg超の指定廃棄物が7.7トンに対して3700トンの高濃度放射性廃棄物の処分場を受け入れるのは負担があまりに不公平
・新聞報道以降に千葉市では緑区、中央区で2回市長と住民の「対話集会」が開催されたが最終処分場に関する質問は皆無、関心が薄いというより多くの市民にはどういう施設か情報がない。


などの発言があり、それを受けて「千葉市民の会」の様な自前の住民団体が必要という提案がなされました。多くの方の賛同を得て自治会単位で参加していただけるような会を目指しますが、現状では最終処分場問題について自分たち自身で調査、学習し正確な情報を発信し、個人、団体に働きかけることが先決という点で一致し了解されました。

当面は最終処分場に対する私たちの考え方をまとめながら「千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会」の主催する住民集会への多くの市民の参加を働きかけていきますが、次回は5月20日に会合を予定しています。参加を希望される方はこのブログのメールフォームまたは「千葉県住民連絡会」あてお問い合わせ下さい。

soga_syukai_20150507192813d9d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。