子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

HSFによる印西市草深の森、浅間山公園(小林地区)の放射線量マップ

前回の印西牧の原の南北に位置する浅間山公園(印西市小林)と草深の森(印西市高花)の放射線量をHSFで測定しました。
2ヶ所のおおよその位置関係を下図(放射線量等分布マップ拡大サイトの図版)に示します。
RaMap3.jpg

1)浅間山公園(印西市小林)

HSFによる印西市浅間山公園周辺の放射線量マップ(画像は北を右と90度回転させたものです)asamayama_park.jpg
測定条件は高さ50cmでの周辺線量を連続(歩行)記録、マップは5秒毎の平均値をGPSの位置情報に従ってマーカー位置に表示してあります。データーを GoogleEarthで表示するためのKMZファイルと通常のブラウザで閲覧するためのGoogleFusionTables版のマップを作成しました のでご利用ください。(GFT版はフレーム下のリンクをクリックすると全画面表示に切り替わります)

2014年10月04日_印西小林・草深の森.kmz


HSFによる印西市浅間山公園周辺の放射線量マップ

大きな地図でHSFによる印西市浅間山公園周辺の放射線量マップを見る

浅間山公園は丘陵の地形を利用した中規模公園で中央-周辺で高低差がありますが公園内の平均的な線量は0.12~0.13μSv/h程度です。ただし何箇所か下写真の様な人工物との境界で濃縮が確認されました。
公園西階段下
0246.jpg
同箇所でのHSF画面キャプチャー 5cm:0.34μSv/h 50cm:0.19μSv/h
114959.jpg

南側展望台の堆積土
0244.jpg
同箇所でのHSF画面キャプチャー 5cm:0.38μSv/h 50cm:0.22μSv/h
113620.jpg

公園外の歩道で0.2μSv/h前後(50cm)のポイントが断続していますが、これまで千葉NT、牧の原の例で見てきたように植栽による降下物の濃縮と考えて良いと思います。
道路側から見た浅間山公園周囲の歩道植栽
 inzai-kobayashi.jpg
(上写真はGoogleStreetViewより借用)


2)草深(そうふけ)の森

HSFによる印西市「草深の森」周辺の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します
souhuke_forest.jpg

HSFによる印西市「草深の森」周辺の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図でHSFによる印西市「草深の森」周辺の放射線量マップを見る

「草深の森」は千葉市の「◯◯市民の森」と同じく印西市が地権者から借り上げて(税制面の優遇措置あり)住民に公開している自然林です。(行政、NPOによる草刈り等の保全活動は行われているようです。)
0248.jpg
草深の森は印西牧の原から数キロメートル南下した地点にありますが、航空機モニタリングの色分けでも境界にあたる場所で(入口-駐車場付近でやや線量が上昇)山林内は比較的低線量である事がわかります。


3)事故直後の千葉県内自治体による土壌放射能濃度結果の3Dマップ

前回の記事でも触れた事故直後の2011年に千葉県内(主に北西部)自治体が測定した土壌放射能濃度結果一覧を3Dマップ化してみました。
2011年千葉県土壌マップ
前述の様に中央の4120Bq/kgが印西市草深公園で印西、白井など北総線沿線で比較的高い数値が確認されています。
元データーについての説明は2011年8月のまもる会ブログの記事

千葉県土壌調査マップを作りました

をご参照していただきたいのですが、当該記事にある各自治体HPのデーターはほとんどリンク切れになっている点はご了承ください。GoogleEarthでマップを参照する場合は以下のリンクからKMZファイルをDLしてください。
ChibaPref_2011_Soil_Rad.kmz

〈関連記事〉
HSFによる印西市印西牧の原周辺の放射線量マップ
HSFによる印西市千葉NT桜台と十余一公園周辺の放射線量マップ
モバイルサーベイヤーのためのGoogle3Dグラフ入門(もどき)
千葉県土壌調査マップを作りました
スポンサーサイト

HSFによる印西市印西牧の原周辺の放射線量マップ

前回予告したように印西市印西牧の原(草深公園)周辺の放射線量をHSFで測定しマップを作成しました。これまでの調査個所と印西牧の原(黄丸)の位置を文科省航空機モニタリング結果の図版上に示します。
航空モニタリング

HSFによる印西市印西牧の原周辺の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します
makinohara_00.jpg
草深(そうふけ)第2公園周辺   画像をクリックすると拡大します
makinohara_01.jpg
草深(そうふけ)第1公園周辺   画像をクリックすると拡大します
makinohara_02.jpg
測定条件は地上50cmでの周辺線量の連続歩行で、5秒毎の平均値をGPSの位置情報に従ってマーカー位置に表示してあります。データーをGoogleEarthで表示するためのKMZファイルと通常のブラウザで閲覧するためのGoogleFusionTables版のマップを作成しましたのでご利用ください。

2014年10月04日_印西牧の原.kmz

HSFによる印西市印西牧の原周辺の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図でHSFによる印西市印西牧の原周辺の放射線量マップを見る

草深第2公園は2011年6月の印西市による土壌調査で4000Bq/kg超の放射能濃度が確認されています。

この結果は千葉県土壌調査マップでも確認できます。


上記記録の内、強い濃縮により周辺線量の上昇が認められた箇所等について静止し検出器高さごとに15秒間の平均値を測定しました。測定箇所を下図(画像)に示しますが、画像をクリックするとGoogleMap上で数値が確認できます。
makinohara_AVG.jpg

①草深第2公園 水辺歩道-草地境界と斜面下

0224.jpg
同箇所 5cm:0.7μSv/h 50cm:0.48μSv/h 100cm:0.26μSv/h
0225.jpg

②公園南西角エントランス 舗装広場上の堆積土
0232A.jpg
同箇所 5cm:0.66μSv/h 50cm::0.48μSv/h 100cm:0.27μSv/h
0231.jpg

③公園西側草地
 0234.jpg
同箇所 5cm:0.56μSv/h 50cm::0.21μSv/h
0233.jpg  

④県道190号線 印西市立原小学校交差点付近の堆積土
0242.jpg
同箇所堆積土 5cm:0.53μSv/h
0241.jpg
同箇所でのHSF画面キャプチャー
103601.jpg

こうした堆積土が周囲の線量を地味に押し上げている様に思います。

次回は同じく印西市の草深の森、浅間山公園の測定結果をまとめる予定です。

〈関連記事〉
HSFによる印西市千葉NT桜台と十余一公園周辺の放射線量マップ
HSFによる印西市印旛中央公園の放射線量マップ
HSFで印西市長門川公園周辺の放射線量を調査しました
HSFで印西市木下万葉公園周辺の放射線量を調査しました
HSFによる千葉ニュータウン小倉台周辺(印西市)の放射線量マップ(1)
HSFによる千葉ニュータウン小倉台周辺(印西市)の放射線量マップ(2)
千葉県土壌調査マップを作りました

「第29回放射能が気になるママの集いin千葉市」開催のおしらせ

「放射能が気になるママの集いin千葉市」は二児の子育てママである後閑さんが主催する集まりで、まもる会の講師をお呼びする勉強会とは異なりフリートーク、情報交換がメインです。参加の申し込みはまもる会経由でもかまいませんが、基本的に後閑さんに直接お願い致します。


放射能が気になるママの集いin千葉市
■日時
11/12(水)10:30~12:00

■場所
高洲子育てリラックス館ひろば1 美浜区高洲3‐12‐1
高洲保健センター跡施設2階  
稲毛海岸駅から徒歩5分くらい、マリンピアの立体駐車場の隣です  無料駐車場あり
takasu-com.jpg

■説明
4か月ぶりに、ママの集いを開催いたします!

震災から3年半経ち、日常生活では、原発事故も過去の出来事のように扱われている今日。
でも、やはり汚染は気になる!最近は気が緩んできたけれど、皆さんはどうかな!?
などなど、ざっくばらんに話しましょう♪

■参加費:無料

■お子さん連れ大歓迎!おもちゃをご用意します。
床が冷たい部屋なので、ねんねのお子さんがいる場合は、バスタオルなど敷物を持参するとよいかもしれません。おむつ替え、授乳は隣のリラックス館でできますので安心です!

■参加制限
15人

お申込み・問い合わせ 
放射能が気になるママの集い主催 後閑知子
tomoko☆aqua.people.or.jp

(☆→@に変更)

HSFによる印西市千葉NT桜台と十余一公園周辺の放射線量マップ

印西市千葉ニュータウンについては昨年11月に小倉台周辺を測定し、その後継続して測定する予定で「年明けにでも」と言っているうちに1年近く過ぎてしまいました。今度「こそ」千葉NT駅周辺と北総線沿線の測定を順次行っていくるもりです。(汗

HSFによる千葉ニュータウン小倉台周辺(印西市)の放射線量マップ(1)
HSFによる千葉ニュータウン小倉台(印西市)周辺の放射線量マップ(2)

千葉NT全体マップ 枠内が今回調査の桜台 画像をクリックすると拡大します
sakuradai_00.jpg
桜台と十余一公園周辺(拡大図)  画像をクリックすると拡大します
sakuradai.jpg
1年近く経過して前回のデーターと一意性があるか疑問がありますが、基本的に地上50cm周辺線量の歩行連続記録という方法は同じです。
今回もGoogleEarth表示用のKMZファイルとGoogleFusionTables版のマップを作成しました。

2014年09月24日_千葉NT桜台.kmz
前回のデーターはこちらです。
2013年11月09日_千葉ニュータウン(小倉台)線量マップ.kmz

GoogleFusionTables版は前回と今回のデーターをマージしてあります。

HSFによる印西市千葉NT桜台周辺の放射線量マップ

大きな地図でHSFによる千葉NT桜台周辺の放射線量マップを見る

マップを見るとわかりますが、前回の小倉台木刈中学校周辺と同様に歩道の植栽に建物や舗装面から雨水で流された放射性降下物が集積して周辺線量を押し上げる傾向が確認されています。以下いくつかの例を示します。

信組情報サービス前の歩道植栽
0176.jpg
同箇所でのHSF画面キャプチャー 5cm:0.33μSv/h 50cm:0.28μSv/h
101050.jpg

二軒茶屋公園前植栽 写真右奥は桜台保育所
0185.jpg
上写真箇所 5cm:0.45μSv/h  50cm:0.22μSv/h
0184.jpg

桜台壱番街(十余一公園向かい)前の歩道植栽
0187.jpg
同箇所でのHSF画面キャプチャー 5cm:0.39μSv/h 50cm:0.28μSv/h
123952.jpg

その他例を上げるとキリがありませんが路肩の堆積土など5cmで0.3μSv/h程度のものは一定量遍在しているように見えます。
桜台12番街付近交差点の堆積土
s0179.jpg
同箇所 5cm:0.3μSv/h
0178.jpg

十余一公園は@sonntag_Fさんや地元の方が測定されスポットの除染について行政と交渉してきた経緯があるそうですが、今回測定した範囲では除染の効果か周辺部より相対的に線量が低めという結果になっています。
草地広場の中心に検出器を直置きして平均値を測定しました。
0181.jpg
同箇所 草地直置きでのHSF画面キャプチャー 0.076μSv/h
111051.jpg

あとは付けたりで読み飛ばしていただいて結構ですが、HSFと言っても自動車や自転車で周辺を走り回るだけで公園のマイクロスポットが見つかるわけもなく、歩行測定でも真上を通過しないと見落す可能性は大いにあります。そういう意味では所詮機械なので地域の特性をよく知り、過去の事例を知悉した眼力のある方の「脳内HSF」にはとてもかないません。
ただし、どこから手を付けて良いか分からない広大な範囲を「何も考えず」に歩きまわることで線量勾配や地域の特性についてのデーターを一括して得ることが出来るという利点があります。そういう意味でHSFだけで全部完結するわけではなく、データーを検証、利用していただければと思います。

次回は牧の原周辺(草深公園)の測定結果をまとめる予定です。

〈関連記事〉
HSFによる千葉ニュータウン小倉台周辺(印西市)の放射線量マップ(1)
HSFによる千葉ニュータウン小倉台(印西市)周辺の放射線量マップ(2)
HSFによる印西市印旛中央公園の放射線量マップ
HSFで印西市木下万葉公園周辺の放射線量を調査しました
HSFで印西市長門川公園周辺の放射線量を調査しました

HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(23) つくば市茎崎運動公園

茨城県つくば市の茎崎運動公園の放射線量をHSFで測定し結果をまとめました。
下図はつくば市茎崎運動公園のおおよその位置を文科省放射線量等分布マップ拡大サイトの図版に表示したものです。(これまでの茨城県南部の測定結果については「HSFまとめページをご参照下さい)
MAML.jpg
HSFによるつくば市茎崎運動公園の放射線量マップ 画像をクリックすると拡大します。
kukizaki_00.jpg
測定高さは全て50㎝、連続歩行で線量を記録し5秒間の平均値をマップのマーカー位置に表示しています。
GoogleEarth用のKMZファイルと通常のWebブラウザからマップを参照するためのGFT版の両方を作成しました。

2014年09月14日_つくば市茎崎運動公園.kmz

HSFによるつくば市茎崎運動公園の放射線量マップ(GFT版)

大きな地図でHSFによるつくば市茎崎運動公園の放射線量マップを見る

茎崎運動公園は牛久沼近隣の中規模運動公園ですが敷地内に大きな勾配はなく概ね平坦です。
0082.jpg
文末(最下段)に掲げたつくば市の資料を見ると、つくば市南部(旧茎崎町周辺)は市内でも相対的に線量の高かった地域ですが、現在の草地の平均的な線量は0.12~0.13μSv/h程度で非常にバラつき=濃淡差が少ない様に見えます。当然濃縮が生じているポイントは皆無ではありませんが、数も少なく範囲も狭いという印象をうけました。
周辺線量より有意に上昇しているポイントをいくつか下図にピックアップしてみました。
kukizaki_02.jpg

①舗装歩道脇の雨水桝
0078.jpg
地表付近では0.7μSv/hのポイントがありますが50cmでは0.17μSv/h程度です。
0077.jpg

②児童公園と草地の境界斜路
0086.jpg
同箇所でのHSF画面キャプチャー 5cm:0.47μSv/h 50cm:0.24μSv/h
122954.jpg

③植栽際の砂溜まり
植栽から流出した土壌が舗装歩道に堆積し、その上に芝が生えて固着しています。以前調査した阿見運動公園の同様の箇所では50cmで0.3μSv/hを超える箇所もありました。茎崎運動公園の場合も周辺より有意に線量は上昇しますが範囲もせまく
元々降下量が阿見より少ない
土壌が砂質でセシウムが強く固着しない
など条件が異なるためかもしれません。
0085.jpg
同箇所でのHSF画面キャプチャー  5cm:0.25μSv/h 50cm:0.22μSv/h
122713.jpg

つくば市HP 放射線対策 

つくば市HP 市内全域の汚染状況

つくば市HP 放射線対策実施報告書

〈関連記事〉
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(21) 取手市取手緑地
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(16) 牛久市ひたち野西近隣公園とつくば市2公園の比較
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(15 ) つくば市洞峰公園
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(14) つくば市松見公園
HSFによる茨城県南部の放射線量マップ(7)龍ケ崎市 牛久沼水辺公園
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。