子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

懐かしい写真

私たちの会のルーツである「チェルノブイリの子ども達に・千葉の会」はチェルノブイリ原発事故をうけて1992年から、短期間でも被災地の子ども達に、放射能汚染から切り離した生活を送らせることで心身の健康や免疫システムを回復させることを目的にした「保養ステイ」運動を行うために発足しました。保養ステイの他にもチェルノブイリ救援募金を通じて現地に医療器具、薬品、文房具を送る活動、現松本市長である菅谷先生が代表のチェルノブイリ医療基金に寄付を行っていました。

会員やボランティアの皆さんの協力で多くの子ども達を受け入れましたが、私たちにとっても生涯忘れることの出来ない出会いでもありました。その後ベラルーシを訪問し子ども達と再会することが出来ました。
chev5.jpg
1992年我が家にやってきたグーリャ(中央)とリューダ(左)
chev06.jpg
グーリャ(左端)のご家族と当時の千葉の会メンバー
chev08.jpg
グーリャのお祖父さんとお祖母さん。うしろにはのどかな田園風景が
chev09.jpg  
1993年に来日したイリーナ(左端)とユーリャ
chev01.jpg
イリーナ(当時18才)の弟とお母さん。イリーナは医師になったと聞いています

もちろん幸福な再会ばかりではありません。イリーナや多くの子が視力の低下や頭痛に悩まされていたほか、行方がわからない子、親がアルコール中毒で台所にパンの一かけらもない家庭もありました。原発事故はその地域の歴史や文化、人間の生活を根こそぎ壊してしまいます。
当時私たちは現地の悲惨な状況は理解しているつもりでしたが、やはりどこか「他人事」で、私たちの住むこの国の状況について発言する力が弱かったと痛感しています。今となってベラルーシの子ども達がどんな気持ちではるばる千葉までやってきたのか理解できたような気がします。
「福島原発はチェルノブイリの10分の1の放射能しか出していない、レベル7は大げさだ」と言う方がいますが当時のソ連は日本の50倍以上の国土を有していました。だから数万人の市民を一気に強制移住させることが可能だったのです。
子ども達(もう成人していますが)が今の日本の状況をどう見ているのか聞いてみたい気がします。
(長谷川弘美)

スポンサーサイト

「しろうとが精度の悪い装置ではかってもムダ」ってホント?

[「しろうとが精度の悪い装置ではかってもムダ」ってホント?]
公的機関が発表している空間線量はMP(モニタリング・ポスト)の測定データーですが、「地上10数メートルで測定しても人間への影響はわからない」「地上より値が低めに出る」といった問題が多くの研究者から指摘されています。
MP(モニタリング・ポスト)は諸外国の核実験による放射線量の長期的な変動を安定して測定する為に作られたもので、その限りでは有効ですが、今回の東電福島原発事故の様に大量の放射性物質が短期間に放出され、「ホットスポット」と呼ばれる局所的に線量が高い地域が発生している状況は想定しておらず、これだけでは情報が決定的に不足しています。

逆に「しろうとがはかっても精度が悪い」という見解もあります。しかし私たち市民は線量計を常に携帯して被曝量を自己管理できるわけではないので(内部被曝ならなおさらです)できるだけ「あびない、すわない、たべない」様にするしかありません。その為には科学的精度も大切ですが、どの地域が、道路(アスファルト)より側溝や植え込み、公園なら樹木の下が線量が高いといった情報はもっと大切です。放射線量もあくまでも目安で「基準値を1ベクレル超えたから危険、2ベクレル下がったから安全」というものではないはずです。

大伽藍から御宣託が降りてくるのを待つのではなくバザールに行きかう人が情報をやりとりする、データーが沢山集れば異常値(誤測定)が異常値としてわかって「確かさ」は増すのだと思いますが。

[福島ならびに近県の放射能量マップ] 
福島ならびに近県の放射能量マップはGogoleマップに各地の公的団体、NGO、個人が測定したデーターをマッピングしたものです。注意書きにもありますが測定条件の異なるものを一括して表示していますのであくまでも参考です。重い」アプリなので非力なパソコンでは動作が厳しいかもしれません。(他にもこうした試みはあるの思いますのでご存知の方は是非教えていただきたいと思います。)今後私たちが放射線測定を行うときにはGPS携帯などを利用して正確な位置情報を記録しておくことも必要かもしれません。

[日本共産党都議団による東京都内各地の測定結果」
上記の放射能量マップにも利用されてる 東京都内各地の空中放射線量測定結果について は貴重なデーターですが特に千葉市(県)と関係があるのは資料3 で、江東区、江戸川区、足立区いわゆる東京の下町に1mSv/年を超える可能性がある地域があるというのは大変重要だと思います。

測定された方々の尽力には敬意を表しますが、一言だけ文句を言うと「数値がコピーできないPDF」になっていることです。改竄を恐れているのかもしれませんが、研究者やNGO、個人が利用するためにはEXCEL形式のファイル等も併せてUPして頂けると情報を共有できます。
(データー処理に興味のある方限定ですが三重大学奥村先生のブログが参考になります。)

千葉県内のデーターについては別にまとめたいと思います。

『パエトーン』山岸涼子 WEB版

山岸涼子がチェルノブイリ原発事故をうけて1988年に発表した『パエトーン』が潮出版のサイトで無料で公開されています。

上記サイトより引用
遠いむかし、神になり代われると思いあがった若者・パエトーンをめぐる悲劇。ギリシャ 神話に描かれたこの物語を現代に展開し、原子力発電の是非について世に問いかけた山岸凉子の短編作品『パエトーン』(1988年作品)を、今回Webにて 特別公開させていただくこととなりました。
「原子力発電」の必要性や安全性については賛否様々なご意見があると思いますが、本作品をひとつの問題提起と捉え、将来的なエネルギー問題を議論してゆく上での一助としていただければ幸いです。
なお本作品は、
山岸凉子スペシャルセレクションⅥ『夏の寓話』に収録されています。

引用終わり

なお、このコミックを読むためには AdobeFlashPlayer の最新版が必要です。




花見川区の土壌測定データー

6月11日追記
@tsokdba さんに感謝です。
上記の園庭、畑地のデーター(Bq/m2 65倍換算値)から空間線量を求めてみました。

畑地  60890Bq/m2÷282000=0.21μSv/h
園庭  87958Bq/m2÷282000=0.31μSv/h

上で述べたようにサンプルの採取方法により換算値は20~150までの幅があります2回仮定が入っていますのであくまでも参考値です。ただし、そうした条件さえ理解すれば空間線量はわかっているが土壌のデーターがない(Cs137換算)ときに参考になると思います。

第16回原子力委員会定例会議
配布資料 土壌汚染問題とその対応(PDF:2,268 KB)
Cs137soukan.jpg


学習会についてのエントリでもふれましたが花園町在住のMさんが自費で畑地と保育園園庭の土壌について分析を依頼したデーターを持参してくださいました。
測定日 5月24日(実測値)
場所セシウム全体セシウム134セシウム137
   Bq/kg       Bq/kg     Bq/kg
畑地(土)    1296.465      359.63    936.78
園庭(砂)    1881.1       527.904   1353.2

Bq/kg(ベクレル/キログラム)をBq/m2(ベクレル/平方メートル)に換算するには係数を掛ければよいのですが、サンプルの採取方法によって20倍から150倍まで諸説あるので、とりあえず文科省(原子力安全委員会)が推奨?する65で計算してみました。(追記:文科省方式は表土5cmを採取 →50倍~65倍 農水省方式は表土から15cm採取 →150倍)
65倍換算値
場所セシウム全体セシウム137
   Bq/m2    Bq/m2
畑地(土)      84,270    60,890
園庭(砂)     122,271    87,958
この値は計算過程で仮定が入っていますので単独で判断できないので他のデーターと比較してみます。(オリジナルは下記リンクを参照してください)
土壌調査をまとめてみた:広域での体内被曝検診を求めます 
土壌測定

千葉市内だと天台駅付近と実測データーはほぼ同じで、都内の測定結果と比較してセシウム137相当で5万ベクレル超として問題になった(財)日本分析センター(山王町)の値が異常に高いわけでないと考えられます
都内では亀戸の値が飛びぬけていますが東電福島原発から200kim以上離れた地域でも放射能の影響は同心円的ではないことがわかります。
単位の意味(ベクレルとシーベルト)などについては別の記事で触れたいと思います。

参考資料:
福島県飯舘村のセシウム137による土壌汚染レベルの推定 今中哲二 (美浜の会より)
チェルノブイリ事故で強制退去区に指定された汚染濃度の地域に、今でも人が住み続けている

測定データー
花見川実測データー


水産物の放射能汚染から身を守るために、消費者が知っておくべきこと

[海のチェルノブイリ]
一向に収拾の見通しの立たない東電福島原発事故ですが、過去の原発事故(セラフィールド、スリーマイル、チェルノブイリ)でもこれほど大規模で深刻な放射能による海洋汚染は前例がありません。
チェルノブイリは内陸の乾燥地帯で放射性物質は爆発、火災によって大気中に放出されました。東電福島原発の場合も2号機爆発によって大量のヨウ素、セシウムが放出され大変な環境汚染や、被曝を引き起こしましたが、いまなお原子炉内にはコバルト、ストロンチュウム、プルトニウム、ウランといった毒性の強い放射性物質が回収されずに残っていて、冷却水と一緒に地下や海洋に流出しています。こうした複数の研究者が「海のチェルノブイリ」と呼んでいる状況は現在も進行中です。

[水産物の放射能汚染から身を守るために、消費者が知っておくべきこと]
当初行政から「海に流しても希釈されるから大丈夫」「魚介類では放射能の生体濃縮は起こらない」といったデマに近いような発表がありましたが、消費者の口に入り直接健康に影響を与える海産物についてあまりに無責任だといえます。生態系への影響は半年、一年といった長いスパンで調査を続けなければ判りません。全く前例の無い海洋汚染ですから「わからないのは安全ではない」という前提で考えるべきだと思います。

そうした中で三重大学の勝川俊雄先生が消費者サイドに立って発言されています。中身はやや専門的ですが私たちが読んでも十分参考になります。
水産物の放射能汚染から身を守るために、消費者が知っておくべきこと 
●放射性物質は外洋に拡散するものと沿岸に長期に渡って滞留するものがある。
●銚子沖で暖流、寒流が合流し東に向かう、「いまのところは」銚子以南の水産物で基準値以上の魚介類は検出されていない。

海水が「不検出」でも、魚の汚染は進みます 
●すでに餌となるプランクトンや小魚に取り込まれているので放射能がなくなったわけではない。
●生態濃縮は中型、大型魚になるにつれて進行する。

個人的に興味を引いたのはイカ、タコは生体濃縮の度合が小さいという事です。ただし「だから食べても平気」というわけではありませんが、外国産の魚の方が安心というのは悲しい事だと思います。

[グリーンピースによる海洋調査]
海洋調査結果、21サンプル中14サンプルが日本政府の定める暫定規制値を超える  政府にたいして調査の強化や水産関係者への補償を要請

この結果にも驚きますが日本政府はグリーンピースによる沿岸調査を拒否しました。菅総理はサミットで「持っているデーターは全て公開する」と明言されましたが、「他人に調べられるのはイヤだ」ということなのでしょうか。
サンプルは地元の漁師さんやサーファーの方に提供して頂いたものをフランス、ベルギーの公的研究機関に分析を依頼したもので十分信頼のおけるものです。特に日本政府の行っている調査は魚の頭、骨、内臓を取り除いたもの(小骨まで毛抜きで除いているという説もあります)で、そうした処理の出来ないコウナゴやシラスなどでは高い値が検出されていますが20mSv問題で内閣参与を辞任した小佐古氏の言う様に「国際公準でやるべき」だと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。