子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

映画「日本と原発」八千代市上映会のおしらせ

八千代市で原発事故以来継続して活動されておられる「脱原発八千代ネットワーク」の川井さんにはまもる会勉強会の講師をお願いしたり、逆に定例会でまもる会の活動を紹介させて頂いています。川井さん達が中心になり八千代市で映画「日本と原発」の上映会が開催されます。ご近所の方は是非ご参加下さい。

■上映日:5月9日(土)
■会場:勝田台文化センター3F ホール
                 京成勝田台駅南口徒歩5分
■上映時間 第1回 10時~12時15分
         第2回 13時30分~15時45分
                 *第1回のみ保育あり(4/23までにお申込みください)
■入場券(前売り,当日とも)
一般:800円 高校生以下;無料
■主催:映画「日本と原発Jを八千代でみる会
■共催:脱原発八千代ネットワーク

genpatu.jpg

〈関連記事〉
「脱原発八千代ネットワーク定例会」に参加しました
4月の学習会
スポンサーサイト

12月26日27日 甲状腺検診のお知らせ

 
 「甲状腺検診ちばの会」による甲状腺検診 が、12月26日.27日の2日間に渡り実施されますのでお知らせします。申込用紙など詳細は甲状腺検診ちばの会のブログをご覧ください。
  

*日 時:2014年12月26日(金)13時~16時
           12月27日(土)10時~16時

*検診対象年齢:4~21歳を目安とします。

*場所:「ちば市民放射能測定室・しらベル」 
    千葉市中央区中央3-13-17 

*受付期間:2014年11月30日(日)午前9時より(これ以前の申込は無効とさせていただきます)

*申込は12/26の午後、27日の午前・午後枠のそれぞれ約24名ずつでお受けいたします。
 申込は先着順でお受けいたします。受診枠が一杯になり次第締め切りとさせていただきます。
 検診該当者の方には受診時間枠の連絡を、遅くとも12月14日にいたします。
 申し訳ありませんが、受診に該当されなかった方へは連絡をいたしません。

*検診申込方法:検診を希望される方は、申込用紙に必要事項をご記入の上、メールもしくはFaxにて申し込みください。
 Faxの方は必ず連絡のとれる電話番号をご記入ください。

*なおこの検診活動は医師・市民のボランティアで行っております。
 受診にあたってはお一人あたり千円程度のカンパをお願いしております。検診活動経費の一部となります。

 甲状腺健診ちばの会のブログ
 http://thyroidcheckupchiba.blog.fc2.com/

                              
--

いま福島の子どもたちに何が起きているのか?-甲状腺検診結果をふまえて-

 これまで子どもの甲状腺がんは、極めてまれで100 万人に2人から3 人とされていました。
しかし福島県の甲状腺検査では、約30 万人が受診し、その8割の結果が発表され、甲状腺がん及びがん疑いと診断された子どもは103 人でした。(8 月24 日)。

住民への健康影響を検証する環境省が設けた専門家会議では、11月26日に中間報告書案を示しました。
その中では、チェルノブイリ原発事故の場合と比べて、推定される被ばく線量が低いことなどから、「原発事故によるものだと積極的に示唆する根拠は現時点では認められない」としています。

この問題は、専門家会議でもこの間激論が続いている問題です。
福島の子どもたちに今なにが起きているのか、私達の住む関東、千葉県はどうなのか等について、 今回放射線影響の医学的な情報を精査し、市民と社会に発信し続けている松崎医師のお話を伺うことにしました。


「いま福島の子どもたちに何が起きているのか?
 -甲状腺健診結果をふまえて-」

講師;松崎道幸医師  道北勤医協 旭川北医院院長
日時;2014年12月7日(日)午前10時から12時 
場所;千葉市文化センター5階 セミナー室
参加費;500円
保育;申し込み12月2日まで 一人300円
主催;甲状腺検診ちばの会
    子どもを放射能からまもる会in 千葉
問い合わせ・申し込み先:倉形 070-5439-7432
                 長谷川 090-7280-5186
20141207.jpg

                             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。