子どもを放射能からまもる会in千葉
終わりの見えない福島の原発事故。情報を集め、調べ、必要な声を上げて行こう

放射線量測定を依頼される方に

放射線測定をするにあたっては、色々とデリケートな部分もありますので、「まもる会in千葉」へ放射線量測定を依頼される方は、ぜひお読み下さい。

1)データ測定と公開の目的
「まもる会in千葉」が放射線量を測定し、そのデータを公開する目的は「市民による情報の共有」です。公開することで自分が居住している地域の放射線量を多くの方が知ることができます。(数値だけが「うわさ話」として伝わるのは好ましい事とは思えません。)
また、放射線測定は環境測定なので気象条件などにより同じ装置でも日時が異なれば数値も変わります。より多くの人がいつでも検証できる様に数値を公開することで「信頼性」が高くなると考えています。
ただし公開にあたっては個人情報(プライバシー)に最大限配慮し、当事者の意向を尊重します。

2)計測にあたって
  • 「まもる会in千葉」の測定は業務によるものではないので、金銭をはじめ、「まもる会in千葉」への入会や活動参加などを対価として求めることはありません。

  • 測定したデーターは公開を原則としていますが、それを測定の条件として強制するものではありません。

  • プライバシーの問題で自宅の測定値非公開を希望される場合、「まもる会in千葉」が当事者の許諾なく計測データを公開したり第三者に見せる事はありません。依頼者が友人や自治会などのコミュニテイでデータ利用する場合は当事者の責任において行なってください。

  • 一部の公共施設や私有地は、管理者や所有者の許可なく、無断で計測したりその結果を公開することはできません。許可が必要な場所を計測依頼される場合は、あらかじめその所有者あるいは管理者の許可を得ておいて下さい。(許可が得られない場合は近隣の公園や通学路などを代替え測定することは可能です)また、詳細は打ち合わせますが、依頼者が立会を希望するかどうかもお知らせ下さい。

    • 測定や測定値公開に所有者や管理者の許可が必要な場所
      公・私立学校、公・私立幼稚園や保育園などの教育施設や、一般商業施設、企業、宅地、畑などの私有地

    • 自由に計測し、測定値を公開できる場所
      教育機関以外の公共施設、公園、道路(公道・歩道)、海岸、河原など

  • 「まもる会in千葉」の線量計は「瑞穂の杜のまちづくり懇話会」様の寄付により購入した「市民の公共財」なので、装置自体の貸出はしません。「まもる会in千葉」のスタッフが出向いて計測いたします。
    その際、万が一使用中に破損、故障しても「まもる会in千葉」の責任で弁済し、依頼者に負担をお願いすることはありません。

  • 「まもる会in千葉」で使用している線量計は、文科省の委託事業や他の自治体で使用されている国産の装置で、購入時にメーカーの校正を経たものを使用しています。
    使用日毎に簡易チェックを行なっていますが数値の精度を保証するものではありません。また数値が正確なものでもその数値どう考えるかは個々人の判断になります。(求められればアドバイスは行います)

放射線量測定を依頼される際は以上のことをご理解ください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。